2011年4月21日、本日オープンの新店「表参道 火風鼎」にやって来ました。
RIMG0501.JPG
白河に本店のある白河ラーメンの名店。白山のお店に次ぐ都内2つ目の支店です。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0505.JPG

メニューですが、昼は初代が白河ラーメンを提供、夜は二代目が鶏を強めに効かせたラーメンを提供、一種の二毛作営業。

RIMG0533.JPG 夜の主なメニューは、
TORINOしょうゆ・塩650円、KING TORINOしょうゆ・塩700円、特製KING TORINOしょうゆ・塩1000円、
父のチャーシューメン950円とか(笑)

「TORINOしょうゆ・塩」と「KING TORINOしょうゆ・塩」の違いは、「KING」仕様が鶏油を増量したこってりバージョンとのこと。

お若い店主さんにお聞きしたところやはりKINGがオススメだそうで、オーダーは「KING TORINOしょうゆ」にしました。

ちなみに昼の主なメニューは、
ラーメン650円、ワンタンメン800円、チャーシューメン950円、他。

画像は、店頭のA型看板。

夜のスープの特徴について書いてありますが、ほぼ判読不能(^_^;)

RIMG0509.JPG 店内、L字型カウンター12席。

お店の場所は、表参道交差点のすぐ近くとお洒落でファッショナブルなロケーション。

でも店内は、ある意味ラーメン屋さんらしい素朴な内装。ホッとする空間ですね。

18:50頃入店で先客2。空いてると思ったら、退店時は満席の席待ち行列4名。

たまたまタイミングが良かったかと。


RIMG0508.JPG
厨房には店主さん、ホール担当女性スタッフ2名。

卓上備え付けの箸は、割り箸。

BGMは、無し。

そして待つことしばし、「KING TORINOしょうゆ」完成でーす♪
RIMG0515.JPG

RIMG0518.JPG
ご対麺して最初の感想は、丼ちっちゃい!

思わず、ラー博のミニラーメンを思い出してしまいました(^o^;

RIMG0519.JPG
丼の大きさがわかるように、お冷のグラスと並べてみました。

上の胡椒の容器との比較の方が分り易いかも(^_^;)

RIMG0521.JPG
気を取り直して^^;

具は、糸唐辛子、笹切りネギ、メンマ、チャーシュー

RIMG0523.JPG
KING仕様のスープは、完成前にレンゲ一杯の鶏油を2杯ほど丼に入れていました。

なので、目で見てハッキリと分かるほどスープ表面に鶏油が層を成しています。

多目の鶏油ですがクドさ・しつこさはなく、スープにコクが増した感じ。

RIMG0528.JPG
麺は手打ちで、表面がぼこぼこした感じ。

この麺が、風味・食感共に抜群に美味しいです!

RIMG0527.JPG
そして、具のチャーシュー。

店主さんが白山の常連さんと話していたのですが、ここで親父さんが作ったチャシューがハンパ無いとのこと。

実際このチャーシュー、燻製香というかスモーキーな香りがして、ポークジャーキー状態!

白山店の看板には「究極のチャーシューメン」と書いてありましたが、確かにこのチャーシューは絶品です!

量も適度で、美味しく完食。次回は昼に来て、親父さんの作るチャーシューメンを食べてみたいです。ごちそうさま!

表参道 火風鼎 (127/'11)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック