RIMG0237.JPG
2011年1月28日、新!東京らーめんチャンピオン 3rdシーズン初日。

支那そば きびを実食。

『老舗での修行の後、独自の研究を重ね、昔ながらの支那そばの味を追求。

流行を追わず、油にも頼らない、そして季節や気温に合わせ細やかに調整されて作り出される丁寧なスープ作りは熱いファンの支持を受けている。』

RIMG0201.JPG
支那そばきびの創作メニューは、「極厚チャーシュースペシャル」

『豚骨と見紛うような白濁した塩スープは塩を炒るところからこだわり抜いた至高の味。

そこに乗せられる極厚のチャーシューは厳選されたメキシカンポークで作られた豪快な一品。

二つの味がぶつかり生み出される絶妙な味を楽しめる一杯。』

そして待つことしばし、支那そばきびの「極厚チャーシュースペシャル」完成でーす♪
RIMG0224.JPG

RIMG0226.JPG
各店が工夫を凝らしたメニュー名で勝負している中、支那そばきびは直球勝負のシンプルなネーミング(笑)

RIMG0227.JPG
具はチャーシューにドライパセリ。

チャーシューデカっ!

麺とスープはハーフサイズ仕様ながら、チャーシューはフルサイズバージョンかも^^;

RIMG0231.JPG
白濁しスープは、やはりどう見ても豚骨。

メニュー説明を見てはじめて塩味と判明。

そして、かなりスパイシー。

実はこれせたが屋の後に食べた2杯目で、最初は「担々麺」が運ばれてきたのかと思ったくらい旨辛。

重奏的な旨味と多様なスパイスの刺激が複雑にからみ合って、素晴らしい絶品スープ!

RIMG0233.JPG
麺は、手打ち風の強縮れタイプ。

モチモチの食感が、幸せな美味しさ!

RIMG0236.JPG 大判チャーシューは、赤身主体で肉厚。

柔らかくジューシーで、お持ち帰りしたい美味しさ。

そして麺・スープ。チャーシューと食べ進んでいくうちに、突然不思議な甘酸っぱさが!?

なんと、チャーシューの下にホールトマトが隠れていました!

そういえば、フルサイズのメニュー写真には、ちゃんとチャーシューの横にトマトがトッピングされていますね!

ハーフサイズだとチャーシューがでか過ぎて、トマトがチャーシューに隠れる盛り付けに。 期せずして味変サプライズ!(笑) スパイシーな塩味スープに、トマトが良く合います。

個人的3rdシーズンの好みはきびに決定!そして今回もコンプ達成(笑)ごちそうさま!

新!東京らーめんチャンピオン (30/'11)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック