RIMG0240.JPG
新!東京らーめんチャンピオン 3rdシーズン初日。

ラーメン 龍の家を実食。

池袋東武の諸国ラーメン探訪区に、2007年9月〜2009年6月まで出店

2009年7月、新宿小滝橋通りに移転オープン


「久留米で絶大な人気を誇り、東京進出を果たしてきた豚骨ラーメンの雄、豚の豚骨と水だけを高温で炊き上げて作るスープは深いコクとマイルドな風味を持ち、手作りの香油や自家製辛みそがさらに旨味を増幅させている。』

RIMG0203.JPG
龍の家のメニューは、「九州地物づくし 炙り地鶏入りとんこつ」

『旨味のぎっしり詰まった白濁した豚骨スープは実はさらりとした口当たり。焼きアゴをベースにした二種類の油で風味と彩りを加え、さらに宮崎産地鶏の炭火焼や有明海苔、博多ネギ、白髪ネギ、隠し味として柚子胡椒と九州の味覚が満載された贅沢な1杯』

そして待つことしばし、龍の家の「九州地物づくし 炙り地鶏入りとんこつ」完成でーす♪
RIMG0242.JPG

RIMG0247.JPG
49Fから眺める夜景をバックに、ラーメン撮影(笑)

RIMG0251.JPG
具は、中央に白髪ネギ、その頂上に柚子胡椒、博多ネギ、有明海苔、宮崎産地鶏の炭火焼。

すべて九州の食材で構成された一杯。

RIMG0261.JPG
スープは、白濁した豚骨がベースの筈。

焼きアゴをベースにしたという香味油が、蜂屋のラーメンのようなかなり癖のある味を出しています。

そして、芳醇な有明海苔の風味と、炭火焼き鳥の香りがスープに移って、渾然一体化。

柚子胡椒の効果も、瞬殺で消滅^^;

元のスープがなんだか分からないほど、混沌とした味わいに(笑)

RIMG0265.JPG
麺は、平打中細ストレート。

なかなか美味しい麺です。

そして具のエース宮崎産地鶏の炭火焼鳥。

モモだけでなく鳥モツも一部入っているようで、なかなかお値打ち。

ってか、ワタシの顎力では噛みれないほど堅い('A`)

結局焼き鳥は、小指の爪の先ほどしか食べられず○| ̄|_

たまたま、当たった箇所が悪かっただけだと思います。

焼き鳥自体、ラーメンの具としてではなく単体で食べたいほど美味しそうでした。

機会があればリベンジしようかな(^_^;)

新!東京らーめんチャンピオン (31/'11)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック