2010年4月26日、今年120杯目。大森のニューカマー「三ツ矢堂製麺 大森店」にやって来ました。
R1091288.JPG
2010年4月22日オープンの新店です。

R1091318.JPG
「三ツ矢堂製麺」は、中目黒・高田馬場・武蔵小山他に支店展開しているつけ麺がウリのお店です。

以前、「フジヤマ製麺」という屋号でしたが、2009年1月に店名変更しました。

「フジヤマ製麺」だった頃高田馬場店で食べたことがありますが、「三ツ矢堂製麺」に変わってからは初めてです。

R1091319.JPG
お店は、大森駅から徒歩3分程、らーめん 惣五郎の隣です^^;

R1091315.JPG
一応「つけ麺専門店」と謳っていますが、しっかりとラーメンや和そばもあります。

店内は、入口入って左が表からも見えるガラス貼りの製麺室。 席は、L字型のカウンターとテーブルもありました。
R1091290.JPG
入口近くのL字型カウンターの短い辺の端に案内されたので、店内や厨房が良く見えず(><)

先客少なくとも、4名。フロアスタッフは、少なくとも3名、他は不明です^^;

ちょっと意外だったのが、夜だからかも知れませんが各席喫煙可なこと。

このご時世、新店ならば、せめて分煙して欲しいところ。

R1091291.JPG
券売機は無く、食後出口近くのレジにて会計制です。

着席すると、つけ麺注文の場合、まず麺の量と麺の温度を決めます。

麺の量は、
小200g、並300g、中盛り450g、大盛り600g、特盛り(+100円)750g、極盛り(+400円)1500g
です。

ワタシは、ゆで前の量と勘違いしていましたが、ゆであがりの量なのでした。

普通つけ麺店の麺量グラム表記はゆで前なので、20〜30%程割り引いて見た方が良いかも知れません。

R1091293.JPG
(つけ麺の場合)続いて、麺の温度を決めます。

熱盛り、ぬめり落とし、冷や盛り、氷締めから麺の温度が選べます。

通常のつけ麺店のディフォ=冷や盛り、熱もり=熱もりです。

R1091310.JPG
メニュー、立派な装丁のブックレットになっています。

R1091311.JPG
こだわりの薀蓄の数々。

日本で流通する小麦は、1038種類とか。へぇ〜〜〜!

R1091312.JPG
主なメニューは、
つけ麺780円、マル得つけめん980円、濃厚チーズソースつけめん、980円、たっぷり野菜つけめん880円、四川担々つけめん930円、辛しつけめん880円、お子様つけめん480円
です。

R1091313.JPG
三ツ矢堂製麺各店では、初夏の期間限定として「ジャージャー麺」が始まっているとのことでした。

こちらでも、期間限定があるかどうか聞いたところ、オープン直後なので季節メニューはまだやっていない人のこと。

なのでオーダーは、「四川担々つけめん 小(200g)・冷や盛り」にしました。

R1091289.JPG
卓上の様子です。

そして待つことしばし、「四川担々つけめん 小(200g)・冷や盛り」完成でーす♪
R1091300.JPG

麺少な(><)
R1091305.JPG 前述の通り、ゆで前グラム数と勘違いしていたので、その少なさにビックリ!

一番安いディフォのつけ麺が780円ですが、小200gと大盛り600gで同じ値段。

600gで780円は安い気がしますが、普通のつけ麺店の標準が300g(ゆで前)。

こちらの表記だと、中盛り(450g)相当でしょうか。

多分、一番出るのも中盛りでしょう。

そう考えると、中盛り780円はやや高めの価格設定。 それ以下の麺量だと、明らかに損ですね(^_^;)

R1091302.JPG
つけ汁は、表面にネギとラー油が浮かんでいます。

スープの中には、細切りのチャーシューとナルト、メンマです。

味は、かなり甘酸っぱいんですね○| ̄|_

胡麻風味も弱くて甘酸っぱさが際立つ、なんとも不思議な味わいでした。

R1091308.JPG
麺は、ツヤツヤの見た目通り表面ツルツル、噛めばモチモチ、まさに打ちたてといった感じで、かなり美味しい麺でした。

つけ汁がもう少しなんとかなると、相当いい感じになりそうです。。

R1091314.JPG
スープ割りをお願いすると、ポットを持って来てくれました。

余ったつけ汁をスープで割ると、鰹出汁かな?魚介風味がふわっと広がって、甘味酸味が薄まって、かなり好みの味になりました(笑)

麺はかなり美味しかったので、次回はノーマルの「つけ麺」か「混ぜそば」を食べてみたいです。ごちそうさま!

三ツ矢堂製麺 大森店



三ツ矢堂製麺の公式HPは、こちらです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック