京急品川駅ガード下にあるラーメン・どんぶりの品達では、「品達 冬紀行」と題して冬季限定メニューを提供中です。
ラーメン店各店のメニューは、こんな感じ。

なんつッ亭:ピリ辛ベジ豚(とん)バター(800円)
ひごもんず:ちゃんぽん(900円)
せたが屋:鶏とニラのスタミナラーメン(850円)
きび:白醤油 鶏チャーシュー麺(900円)
さいじょう:特製平打ち肉味噌つけ麺(900円)
つけめん TETSU:特濃っ!!坦々つけめん(900円)
初代けいすけ:肉そば(780円)

提供期間は、1月8日から2月28日までです。あ、丼店のメニューは割愛^^;

というわけで2010年1月19日、今年18杯目は『うまいぜベイビー』な、「なんつッ亭 弐(品川店)」です。
R0036087.JPG

R0036065.JPG
なんつッ亭の品達冬紀行は、「ピリ辛ベジ豚(とん)バター」(800円)です。

品達紀行キャンペーン向けのポスターには記載がありませんが、数量限定20食です。

この日は13:30頃の来店で、まだ限定が残っていました。

入店するとまず券売機で食券購入です。右端上段の「ピリ辛ベジ豚バター」のボタンをポチっとします。
R0036064.JPG
13:30という時間ですが、外待ちこそ無いものの店内満席、待ち席5名といった盛況ぶりです。

BGMは最新J-Pop、木村カエラさんの唄声がとても印象的です。

なんつッ亭は、2010年になって、大きな変化にチャレンジしています。
R0036063.JPG 1つ目は、ラーメンに関してこれまでの元祖麺(中細ストレート麺)に加えて、平打ち麺(中太ストレート)が選べるようになりました。

2つ目は、麺の量を全店本店に合わせて30g増量しました。
これまで本店だけ麺多めでしたが、品川・川崎・池袋の各店も増量しました。

3つ目は、「和風とんこつつけ麺」の味をリニューアル。
自慢のマー油を控えめにして、魚介を効かせ濃度を増した流行系の味にシフトです。

従来からほっといても行列が出来るなんつッ亭が、これまでよりも一層顧客を向いたスタンスへチャンジしたように思え、非常に素晴らしいと思いました。

ウェイティング席で10分程待って着席、それから約7分後、「ピリ辛ベジ豚(とん)バター」完成でーす♪
R0036068.JPG

R0036074.JPG
具はせん切り白ネギ、トップには一味唐辛子、小口切り青ネギ、チャーシュー、バター、奥には肉味噌です。

R0036075.JPG
スープは上から見ると3色に分かれているように見えます。

やや赤茶色をしたノーマルのスープの部分、チャーシューの向こうが、バターが溶け出して白っぽくなった部分、そのお隣が肉味噌の辛味成分が溶け出して、赤く染まった部分です。

スープは、数種類の野菜をミキサーにかけて作ったトロミと旨味のある野菜スープ、そこに自慢の豚骨スープをブレンド。
なので、「ベジ豚(とん)」スープです。
都内で流行中のベジポタ系の手法を取り入れてますね。これもなんつッ亭のチェンジの現れ!?
R0036078.JPG
そしてそのお味は、辛味控えめ、まるで味噌ラーメンのような濃厚なコクと確かな旨味があります。

マー油もかすかに感じられ、なんつッ亭のトンコツスープもベースにしっかりとあります。

それなのに、後口スッキリ。

野菜スープの効果でしょうか?これは、かなり美味しいですね!

R0036083.JPG 麺は、多分今年から新登場の平打ち麺ではないでしょうか?

平打ちといっても中太で断面が四角なので、見た目はノーマル麺と大きな違いは感じられません。

しかし食感はなんつッ亭のトンコツに合う小麦を感じる低加水麺をそのまま太くした感じで、より一層の(いい意味での)ボソボソ感が味わえます。

博多ラーメンの麺を太くしたような食感で、面白いし美味しいです。

R0036079.JPG
具のチャーシューは薄目のが2枚ほど載っていましたが、それが箸で持てば崩れて、口の中で溶けるような驚きの旨さ!

ピリ辛の肉味噌も鉄板の美味しさ!

R0036084.JPG
そして、丼の底からゴロゴロとかなり大きなブロック状のチャーシューが3個ほど出てきて、嬉しいサプライズ!

「ベジ豚(とん)」 の「豚」は、豚骨スープといった意味あいの他に、3種類の豚肉(チャーシュー)が入っているという意味でもありました!

満足の汁完!なんつッ亭スキルはかなり浅いですが、今回が自分的なんつッ亭史上一番「うまいぜベイビー」だったかもしれません(笑)
満足まんぞく、ごちそうさま!

品達 麺達七人衆



品達冬紀行の公式HPは、こちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック