2009年12月29日、北品川の定食屋さん「丸直」にやって来ました。
R0035073.JPG
とら会で、【超穴場のベジポタ系】と紹介されていたお店です。

気になって、29日のランチタイムに来店しましたが、どうやらしらけんさんとニアミスしたみたいです!(笑)

R0035097.JPG
お店は、第一京浜を挟んで、京急北品川駅の斜向かいにあります。

品川女子学院の隣の隣です。

看板に『お食事処』とあって、外観はもろ街の定食屋さんです。

まったく、惹きがありません^^;

店頭立て看板には、定食類や一品料理など多彩なメニューの数々。
R0035067.JPG R0035094.JPG

しかし別な看板には、しっかりとラーメンメニュー。
R0035068.JPG R0035069.JPG
しかも、その種類の豊富なこと。大手ラーメンチェーン顔負けのラインナップです。

13:30近い入店で、11席あるカウンターは満席に近い状態!(驚)  ピークを外したつもりでしたが、人気ですね〜!
僅かな空き席に滑り込もうとしたところ、女将さん(?)が奥へどうぞと。
R0035078.JPG
U字型カウンターの左端のあたりに左に曲がる通路があって、その先に4人がけテーブル4卓のある小部屋が有りました!

別室(?)には、先客1。こちらなら、じっくり撮影が出来そうです!(笑)

画像は、卓上の様子です。

写真では隠れてしまってますが、「ラーメン醤油(たれ)」と書かれた調味料もありました。

R0035074.JPG
昔ながらの定食屋さんらしく、券売機はなく食後会計方式です。

MENU表紙には、『御飯にするか?麺にするか?』、『肉にするか?魚にするか?』と書かれています(笑)

メニューの最初は当然多彩な定食類。
R0035075.JPG R0035075-2.JPG
R0035076.JPG
麺類の種類もハンパないです!

主なメニューは、
醤油ら〜めん600円、味噌ら〜めん650円、豚骨ら〜めん650円、ヘルシーら〜めん600円、油そば650円、つけ麺750円、

表の看板より、
豚骨醤油ら〜めん650円、煮干しら〜めん650円、坦々麺700円、胡麻チーズら〜めん700円、
汁なしの塩チーズそば650円、マヨチーズそば700円、つけ麺で辛つけ麺830円
です。

また、18:00からの限定裏メニューで二郎インスパイアの直次郎ラーメンも提供されているそうです。

R0035071-2.JPG
で、本日の日替わりセット(800円)、Aセットはカレーラース+直次郎ラーメン、Bセットはカレーライス+煮干しラーメン。

ランチ日替わりAセットは、なんと夜の裏メニューが登場です!

あ、前後客の注文を見てたら、ラーメンはハーフサイズのようでした^^;



こだわりも凄いです!
R0035076-2.JPG
まずスープ、動物系スープと魚介系スープを組み合わせて使う、ダブルスープ方式。

麺は、三河屋製麺特注の4種類の麺を、メニューに応じて使い分け。

油は、ラーメン・つけ麺用に、ねぎ油、えび油、ラード、背脂を仕込み、メニューによって使い分け。
そして油そばには、専用の香味油を用意。
(ヘルシーラーメンには油不使用)

味変調味料にも凝っていて、醤油ら〜めんには、山椒を主体としてゆず・えび粉等10種類の調味料を調合した辛子魚粉を用意。
つけ麺には、甘辛酢を別皿提供。

「つけ麺の変わった食べ方!」として紹介されている中で、感心したのが、「2度つけ」。
まず麺を溶き卵につけてからつけ汁につけて食べるというもので、まろやかになるそうです。

また、つけ麺のあつもりは、スープを張った中に麺を入れての提供とのこと。

R0035077.JPG
閉業時間も凄くって、平日ならなんと7:00〜22:00通し営業!(驚)

R0035095.JPG
で、注文は、ネットで見て気になった「辛つけ麺」(830円)にしました。

また、つけ麺・混ぜそば系は『極太麺』に変更可能とのことで、極太指定でお願いしました。

そして待つことしばし、「辛つけ麺」完成でーす♪
R0035082.JPG
つけ汁と麺皿、左上には味変用の甘辛酢、その右はスープ割り用の割りスープです。

店頭看板では、『赤い稲妻!赤い閃光』と書かれています!(笑)

R0035088.JPG つけ汁には海苔の筏に辛子魚粉、これだけだと六の真似に過ぎませんが、柚子皮も海苔の上に載っています。

白胡麻も散りばめられていて、オリジナリティ高いです。

つけ汁の粘度はとても高く、見るからにドロリ系です。お味は、魚介系ベースに動物系がやや前面に出た感じ。
R0035089.JPG
見た目コッテリですが味付けはマイルド。そして、甘さが強めですがトータルバランスが良く、後口スッキリとしています。

辛つけ麺ということで真っ赤な装いですが、辛さ控え目、食べやすく程よい刺激感です。

つけ汁の中に賽の目に切られたメンマとチャーシューが入ってました。

賽の目メンマは、とても珍しいです!

麺皿にも具がてんこ盛り。
R0035087.JPG
味玉半個、水菜、糸唐辛子、刻み海苔、ほうれん草、チャーシューです。

R0035090.JPG
極太麺にチェンジした麺は、四角い形状のゆるくウェーブしたタイプ。

R0035091.JPG その麺をトロントしたスープに付けて食べると、これはかなりウンマイです!

市井の食堂のレベルを遥かに超えた、つけ麺専門店もビックリのレベルの高さ!

思わず唸ってしまうクオリティです!

甘辛酢を麺にかけて、爽やかに味変、これも美味し。

ただつけ汁の粘性が大変高いので、注意して食べないと麺が無くなる前につけ汁が無くなりそうです。

麺と具を食べ終えたら、お楽しみのスープ割り。昆布出汁が効いた和風割りスープで、ほっこりと美味しいです!
この完成度なら、いろいろなメニューを試さないといけませんね。

あ、年末年始は12/30-1/3までお休みです。年始にまた来よう、ごちそうさま!

お食事処 ラーメン 丸直(まるなお)



お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック