2009年12月23日、年に1度の埼玉ラーメンイベント「サイロック」が、麺匠 喜楽々@東川口で開催されました。
R0034752.JPG
SAI・ROCK(彩岩)とは、埼玉県の有名ラーメン店が協力して、1杯のラーメンを共同で制作する、夢のコラボ企画です。

2007年は、浦和に移転する前の羅麺屋 匠@春日部で、「肉・魚・砂糖・乳製品を一切使用しない無化調ラーメン」というテーマで実施されました。
2008年は、「ラーメン交流戦(コラボ)」と題して、栃木ラーメン軍団雷麺'z(ライメンズ)と埼玉ラーメン軍団彩岩(サイロック)の塩ラーメン対決という形で実施されました。

そして、今年2009年で第4回目です(ポスターには何故か5回目の表記!?)。
今回はhi-snowさんと一緒に行きました。
寒い中一人でぼーっと待つのは辛いですが、話し相手がいると待ち時間もあっという間ですね!

10:30開始予定で、9:30チョイ前に到着、先客9。程なくしてhi-snowさん到着。10番目・11番目ゲットで、カウンター11席の店内に丁度入れる感じ!(嬉)
しかししばらくの後、ワタシのすぐ前の先客に遅れた1名合流。ってか、それ割り込み!《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!
まぁ、しょうがないっしょ!

R0034748.JPG
行列中に、今回のメニュー説明が配られました。

2009年サイロックの一杯は、
  「ナマズを使った美味しい味噌ラーメン」
  限定180杯
  850円
です。

R0034749.JPG
この日は、前日までとはうって変わってポカポカ陽気。

行列場所も日の当たる場所で、暖か。

風もなく、並びは楽でした。

でも並んでいたら、スタッフの方よりカイロのプレゼントがありました。

有難うございます!こういった心遣いは、とても嬉しいですね!

R0034750.JPG
それからドラム缶に、炭火の簡易ストーブ。

そばまで行くと、暖かいです。

開店時50人程の行列。結構な並びですが、去年と比べると、だいぶ並びは少ないです。

R0034753.JPG
10:30定刻に、SAI・ROCK2009開始。

入口脇の仮設レジで食券(伝票)を購入して、入店する仕組みです。

レジでは例年通り、幹書房の埼玉ラーメンマップや麺家うえだのカップ麺、焦がし醤油ラーメンのTシャツが売られていました。

R0034761.JPG
10:48入店。

二人でラーメンの話をしていたら、待ち時間もあっという間ですね!

カウンター上には、サイロックのカラーポスター。



サイロック軍団の紹介インフォ。
R0034245.JPG
和風ラーメン凪 東勇志さん ・・・富士見の風雲児
羅麺家 匠 望月智行さん  ・・・浦和の賢者
麺屋 番 藤枝大亮さん    ・・・川口の業師
麺匠 喜楽 柴田浩平さん  ・・・川口のダークホース
麺屋 信玄 佐藤祐介さん  ・・・鶴ヶ島の一番星
近喜屋 清水茂行さん     ・・・川越の貴公子
津気屋 榎本岳幸さん     ・・・浦和の若大将
麺家 うえだ 上田美小枝さん・・・ラーメン界のジャンヌダルク

R0034762.JPG
麺家うえだのみさえちゃんなどは、お台場ラーメンPARKの方に行っているらしく、サイロック調理担当は、川口の業師、川口のダークホース、鶴ヶ島の一番星でした!(笑)

カウンター上には、クリスマの雰囲気を盛り上げる小物が!(笑)
R0034759.JPG R0034763.JPG

そして待つことしばし、「ナマズを使った美味しい味噌ラーメン」完成でーす♪
R0034764.JPG

R0034769.JPG
表面から見える具は、赤カブの酢漬け、春菊、キンピラゴボウです。

R0034775.JPG
スープは、「ナマズ」でしっかりとしたコクを、「豚頭」で上品な甘みを醸し出しているそうです。

味噌味の決め手の味噌ダレは、埼玉産の米と大豆を原料とする「弓削田醤油」の白味噌とのことです。

そのスープ、味濃いめで冬にハマる濃厚な仕上がり、正直ナマズの味というか風味は分かりませんが、とても美味しいです。

また、味噌の麹が感じられ、風味がとても良いです。

R0034776.JPG
麺は中太でしっかりと手揉みされた、このイベント専用の自家製麺です。

埼玉産地粉「ハナマンテ(東山40号)」のブレンド粉を使用。

しっかりとしたコシとモチモチした食感、強い縮れが生むスープの絡みの良さと口中で弾ける食感、そして麺自体の風味の良さ、とても秀逸な麺でした。

R0034772.JPG
具のキンピラは、甘めで濃いめの味付け。

これだけでも、美味しいです。

R0034782.JPG
春菊を避けると出てきたのは、おでんや煮物の「鍋底大根」のような大根の煮付け。

物凄く味が染みていて、サックリした食感、美味です!

R0034780.JPG
もう一つ出てきた具が、パンフでは「豚バラ肉の味噌漬け」となってましたが、実際は豚の生姜焼き。

これも味濃いめで、味噌味スープに負けません。

生姜味の焼肉ダレが味噌スープに溶け出して、生姜味噌スープもまた格別美味!

赤カブの酢漬けだけは、味噌味スープや麺と一緒に食べるには、ちょっと微妙。
でも、キンピラや生姜焼き、麺とスープなどをいただいて箸休めに赤カブ漬けを食べると、口中がすっきりとリフレッシュされます。

美味かったぁ〜!
一風変わった具材でしたが、ドッシリスープにモチモチ麺とバラエティに富んだ具で、とても楽しく満足できました!

埼玉ラーメン軍団のコラボレーションは、ますますパワーアップしてますね!ごちそうさま!

麺匠 喜楽々

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック