2009年12月15日、お台場ラーメンPARKにて麺家 うえだに続いて2軒目はこちら、麺や 七彩です。
R0034273.JPG
言わずと知れた、首都圏を代表する名店です。

都立家政の本店は、連日連夜行列の絶えない超有名人気店です。
しかし、こちらお台場ラーメンPARKでは、店舗が人々の動線から外れた最も端のブースであり、平日に限っては行列ゼロの時もしばしばです。
かの「参ったラーメン」史上初パーフェクト「参りました」ラーメンのお店が、並び無しで食べられるのです。これは、行くしかないっしょ!(笑)

今回も、12:00近くでやはり行列無し(>_<) 店内は山ちゃんとスタッフの方2名体制でした。

R0034275.JPG
メニューは、真トマトタンメン800円。

当初、トマトつけ麺を考えていたとの事ですが、やはり寒いのでトマトタンメンに路線変更とのことです。

トッピングは、ハイカラ(粉チーズ)、スパイシー、各100円です。

R0034277.JPG
券売機ボタンはありませんが、別注100円で、香菜(パクチー)、モッツァレラチーズ、味玉のトッピングも可能です。

今回トッピングは、「スパイシー」をお願いしました。

七彩のブースは、フジテレビのゲストエントランス近くなので、社屋内でいただきます。
R0034303.JPG
「サザエさんのお店」の斜め前に、陣取りました。

そして待つことしばし、「真トマトタンメン」+「スパイシー」トッピング、完成でーす♪
R0034279.JPG

R0034289.JPG
具はレタス、チャーシュー代わりの鶏ささみ、カットトマトタップリ、トマトの上に赤黒い「スパイシー」がドバッとかけられています。

この「スパイシー」、見るからに辛そうですが、辛さはさほどではありません。

多種多様な香辛料をブレンドしたと思われるもので、エスニカルな味わいをトマト麺に加えてくれます。
追加でチーズトッピはしなかったのですが、ディフォでも少量の粉チーズがかけられていて、それがスープにコクをプラスしています。

スープはこちらも熱々で提供、寒い中でも美味しく食べられる工夫がされています。
R0034292.JPG
そのスープには、トマトの旨味が実に良く溶け出しています。

いろいろなお店でトマトラーメンを出しいることからも分かるとおり、ラーメンとトマトの相性は抜群に良いです。

しかし、『中国料理の技法で仕上げた真のトマト料理』(チラシより)ということで、パスタでもイタリアンでも無い、中華テイストの独特な、そして美味なトマトタンメンとなっています。

R0034296.JPG
麺は、中太丸い形状の軽い縮れタイプです。

この麺、美味しいですね!

イベント麺ですが、やはり妥協無しの自家製麺でしょうか?

複雑な味わいで表現の難しいテイストですが、非常に美味いです。
連食では必ずスープを残しますが、あまり旨さに思わず汁完しちゃいました!(^_^;)

やはりつけ麺バージョンも食べにこなくちゃ!ごちそうさま!

お台場ラーメンPARK



お台場ラーメンパークの公式HPは、こちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック