2009年12月12日、クリアーな煮干しラーメンを堪能するも、やや量が少なかったのでもう一軒と向かったのは同じ曙橋にある麺匠 克味です。R0034123.JPG
お店のオープンは、2009年4月6日、新潟に本店を構えるなおじというお店のセカンドブランドで、なおじ@目黒に次ぐ東京進出2店舗目です。

お店のウリは、1日限定30食という「超濃厚NEO-トンコツ」(750円)。
スープはゼリーに近いゲル状で、食後感が首都圏屈指のスーパーヘヴィー級に重たいラーメンです!(笑)

克味の「超濃厚NEO-トンコツ」は、都内のラヲタ必食のメニューとされていますが、そのメニューどころかこのお店自体今回が初訪です。^^;

R0034126.JPG
店外立て看板にはお品書きが掲載されています。

主な麺メニューは、
NEO-味噌海老マー油780円、辛つけ麺800円、
NEO-トンコツ合せ700円、にぼにぼつけ麺800円、
(限定)超濃厚NEO-トンコツ750円
です。

店外ガラスには、詳細なメニュー説明が掲示されていました。
R0034128.JPG

そして、今回のお目当ては最近始まったという「にぼにぼ中華そば」(750円)です。
R0034129.JPG
店頭立て看板の後ろに隠れるようにして、新メニューのインフォがありました。

『ブタが
煮干しに
恋をした
・・・・。

そして
煮干しを
食べたとさ
・・・・・。』

これだけだと、訳わかんないっす!(^_^;)

入店すると、まずすぐ左にある券売機で食券購入です。
『超ド級濃厚トンコツ 数量限定』の「超濃厚NEO-トンコツ』はやはり売り切れでした。オープン後だいぶたったとはいえ、夜までは残っていないんですね!
R0034130.JPG
そしてオーダーは予定通り、新メニューの「にぼにぼ中華そば」(750円)です。

R0034132.JPG
19:45頃入店で、先客7程、後客6位。

店内は、真っ直ぐなカウンター8席と、4人掛けテーブル4卓。

お店の奥が厨房で、作っているところは見えないレイアウト。

厨房スタッフは2名で、ホール担当に男女スタッフ各1名ずつでした。

卓上で目に付いたのは、タッパーに入ったすりおろしニンニク(?)と辛子味噌です。

R0034135.JPG
店内にも、『新発売!!「にぼにぼ中華そば」¥750』の掲示がありました。

こちらのキャッチコピーは、
『煮干しガツンっ!! 豚骨ドォーン!!』
です(笑)

R0034131.JPG
卓上『サイドメニュー』の案内。

生ビール400円(グラス200円(壁面掲示))は、安いかも!

そして待つことしばし、「にぼにぼ中華そば」完成でーす♪
R0034140.JPG

R0034144.JPG
具は、海苔、刻みネギ2種、鷹の爪、菱形メンマ2ケ、チャーシューです。

スープは『煮干しガツンっ!! 豚骨ドォーン!!』そのまんまです!
R0034147.JPG
煮干しがショッキングなほど強烈に濃くって、もの凄いインパクト!

タップリの煮干しとドロドロの豚骨スープをミキサーに入れて、ガリガリガッーとやったみたいな、そんなメガギガニボトンスープです!(^_^;)

先ほど、上品で繊細な煮干し中華を食べた直後だけに、その真逆なシフトがますます鮮明に感じられます!


R0034152.JPG
極濃厚スープに絡む麺はエッジの立った強靭なコシのある極太麺です。

強い歯ごたえのある食感と、モッチリとした食べ応えが両立した麺で、濃ゆいスープにナイスマッチです!

R0034149.JPG
チャーシューもデカ厚味濃い目、メンマも歯ごたえ抜群食べ応えありで、全てにスケールの大きなラーメンでした。

そのインパクトに圧倒されながらも、美味しく完食。食後は、いつまでも上唇と下唇がペタペタくっ付くのでした!
限定数の無いレギュラーメニューでこの濃度だと、「超濃厚NEO-トンコツ」ってどんだけ濃いんでしょう?なんとか食べに来なくちゃ!ごちそうさま!

麺匠 克味



お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック