2009年11月25日、御徒町にオープンしたばかりの新店、函館らーめん しお雪に行ってきました。
R0033636.JPG
オープン日は11月24日、なので営業2日目の訪問となります。

立地と店構え等から、恐らく資本系だと思われます。シフォンケーは通常スルーするのですが、「しお雪」っていう屋号がちょっと素敵なので立ち寄ってみました。

R0033655.JPG

『函館塩そば
黄金食で濁りのない澄んだ清湯スープは一口すすれば深いコクが広がります。
味の決め手の塩は天然の旨味がある瀬戸の本塩を使用し、函館産昆布、干し貝柱などの魚介系と、鶏ガラ、豚ガラなどの動物系と、数種類の野菜を丁寧にコトコト煮込むことで旨味のたっぷり含まれる黄金色のスープに仕上げています。

味噌そば
中華鍋でニンニク、挽肉、もやしを炒め、黄金色の清湯スープを注ぎ、熟成させた垢味噌ベースの合わせ味噌を溶かし、一杯ずつ職人が作ります。
昔ながらの味噌らーめん」です。』

入店すると、まず券売機で食券購入です。
主なメニューは、塩そば600円m浅蜊そば900円、味噌そば680円、辛味そば780円、餃子300円、鮭イクラ飯400円です。
R0033638.JPG
券売機の前で女性店員の方が、「瀬戸の本塩を使用した塩そばがお勧めです。とても美味しいですよ」とアドバイスしてくれます。
オーダーは、忠告に従って「塩そば」(600円)にしました。

R0033640.JPG
11:00少し前に到着で先客0、後客1。

店内はL字型のカウンター15席、厨房内に調理担当男性1名、ホール担当女性1名という布陣です。

閑散時間帯は、奥の席は使わずに、入口に近いカウンター席をお願いされます。

R0033654.JPG
卓上調味料は、ラー油、醤油、酢、一味、ラーメンコショー。

すりおろしニンニクかショウガのどちらか未確認のものと柚子胡椒がありました。

そして待つことしばし、「塩そば」完成でーす♪
R0033642.JPG

R0033648.JPG
具は、海苔、ナルト、ほうれん草、チャーシュー、メンマ、ネギです。

R0033649.JPG
スープは、とてもアッサリとした塩味です。

最初は味が薄くて物足りなく感じますが、食べ進むうちに徐々に旨味が沁みて来るタイプです。

R0033651.JPG
麺は、細ストレートでしなやかなタイプです。

茹で時間がメチャ短いみたいで、食券を渡してから出てくるまで2分位だったと思います。

博多ラーメンばりのスピードで提供されます。ので、急いでいるときはイイかも。

R0033653.JPG
具はまあ普通ですが、チャーシューは硬くて味がしなくてさっぱりなスープの中で浮いてしまっている感じ。

ちょっと好みとは違いました。

非常にシンプルにアッサリとまとまったラーメンで、飲んだ後の〆などには好適と思います。
味噌味の方は中華鍋を使うとの事で、ガッツリインパクト系かな?今度は味噌を試したいです。ごちそうさま!

函館らーめん しお雪



お店のデータはこちら、ラーメンバンクをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック