2009年7月20日祝日の月曜日、春日部にある塩の名店井之上屋が、東京進出を記念して春日部のお店としては最後の限定メニューを提供しました。
R0028181.JPG
前回来店は昨年の5月52日で、限定「軍鶏の塩ソバ」をいただきました。なので、なんと約1年2ヶ月ぶりの訪問です。

今回は、らーめん喰倒記2のhi-snowさん、hi-snowさん友人の健さんとワタシの3人で突撃です。
11:30開店の所、気合を入れ過ぎて10:20頃(?)店頭到着、一番海苔!(笑)

早速アレコレラーメン談義に花が咲きます。3人なので、長い待ち時間も全く苦になりません(笑)

定刻より1・2分早く開店、開店時20人オーバーの並びでした。
R0028178.JPG
とら会事前情報では、限定杯数が40杯ほどでしたので、開店時間に到着しても間に合ったようです。

『7/20(祝) 《限定》 塩らぁ麺 700円

お蔭様でこのたび東京と台東区に新店をOPENすることになりました。
開店を記念して一足お先に新店の塩らぁ麺を提供させていただきます。
是非、ご来店ください。』

そして着席後さほど待つほどの事も無く、井之上屋 東京店(仮称)の「塩らぁ麺」完成でーす♪
R0028161.JPG
ラーメンのビジュアルは、いつもの井之上屋さんの塩らぁ麺と変わりません。

R0028165.JPG
具は、水菜、穂先メンマ、チャーシュー、海苔です。

R0028169.JPG
琥珀色に輝くスープ、ディフォの井之上屋さんのスープは鶏の芳醇な旨味が感じられるしみじみと美味しいスープですが、今回の限定は煮干が上品に効いています。

動物性の深みのある味わいに煮干し風味が上品に効いて、いつもの味わい深いスープが華やかに美味しさパワーアップしています。

R0028175.JPG
限定専用の麺は博多ラーメンでも使えそうな細目のストレートです。

食感と喉ごしが最高によく、スープと麺のバランスが素晴らしいですね!

R0028167.JPG
各々の具材も、実に丁寧な作業の後が伺えます。

穂先メンマは、あくまでも柔らかで、食べてるといつの間にか口中から消えてしまうほど。

チャーシューは、トロリととろけました。

そしてこちらが健さんオーダーの「特製塩らぁ麺」です。ディフォの「塩lらぁ麺」の具増量バージョンですね。
R0028176.JPG
井之上屋さんの「塩らぁ麺」は何度か食べているので、今回は味見しませんでしたが、とても美味しかったとのことで良かったです!

井之上屋さんの東京進出店、場所は鶯谷でオープン予定は8月下旬とのことでした。
新店のオープンが実に楽しみです。ごちそうさま!

お店のデータはこちら、ラーメンバンクをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック