8月18日に、家族で八景島シ-パラダイスへ行って、その帰りに新横浜ラーメン博物館に寄りました。
一軒目は、「山形赤湯からみそラーメン 龍上海」へ、
二軒目は、「中華そば 一力」、
三軒目は「支那そばや」でした。

一軒目は、家族といっしょ、二軒目以降は家族は休憩で、ワタシ一人で単独行動です。
20080818_173116_0.jpg

そして四軒目は・・・

さすがに行ってません。お腹苦しいです(^_^;)。最後は、腹ごなしに、1F展示ギャラリーの見学です。

ラ博1Fは、お土産が買える「ミュージアムショップ」がありますが、ショップのお隣に「ラーメンの殿堂ミュージアム」が併設されています。
20080818_172850_0.jpg 20080818_172859_0.jpg
昨年も詳細にレポしましたが、今年は8月5日にフルリニューアルオープンしたそうです。

「ラーメンの殿堂ミュージアム」入ってすぐの所に、なんとラーメン店をそのまま再現した「中華そば ラー博軒」が作られています。
20080818_183847_0.jpg
カウンターのみ、8席程度でしたでしょうか?

厨房には、大きな寸胴が2本。丼が並んだ前にはタレと味玉、メンマ、ネギ他の具材が並んでいます。
20080818_183837_0.jpg 20080818_183817_0.jpg

タレは、左から、塩、醤油、味噌ですね。その奥には麺箱です。
20080818_184844_0.jpg 20080818_183822_0.jpg
タレも具もすべて食品サンプル(?)ですが、とてもリアルです。

お店のカウンターには、タレ・具・麺・スープに関する資料があります。
20080818_184931_0.jpg 20080818_185035_0.jpg
20080818_185059_0.jpg 20080818_185220_0.jpg

20080818_185258_0.jpg
チビ店主「いらっしゃいましぇ!なににしましゅか?」(笑)

「中華そば ラー博軒」の奥は、ラーメンのルーツを探る「ラーメントリビュート」のコーナーです。
20080818_183902_0.jpg

ラーメンの歴史を「夜明け前→黎明期→普及期→定着期→発展期→多様期」に分けて、解説しています。
20080818_183938_0.jpg 20080818_183928_0.jpg 20080818_183945_0.jpg
日本初のラーメンは黄門様が食べた塩ラーメンって、有名な話ですね。

20080818_183951_0.jpg 20080818_184001_0.jpg 20080818_184007_0.jpg
20080818_184011_0.jpg 20080818_184027_0.jpg 20080818_184020_0.jpg
20080818_184054_0.jpg 20080818_184108_0.jpg 20080818_184102_0.jpg

続いて、インスタントラーメンの軌跡を探る「インスタントラーメンルーカス」のコーナーです。
20080818_185916_0.jpg 20080818_185937_0.jpg
右は、世界のインスタントラーメン事情です。
20080818_185952_0.jpg 20080818_190005_0.jpg

国内の年間生産量53億5000万食、全国で発売されたJAS製品の銘柄数1088銘柄。
20080818_190016_0.jpg 20080818_190028_0.jpg

その他に、「ご当地ラーメンコーナー」や「ラーメン偉人伝コーナー」がありましたが、あまりに長くなるのでまたの機会に。
これにてラ博訪問記は終了です。長々とお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

新横浜ラーメン博物館



新横浜ラーメン博物館の公式HPは、こちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック