今回のお店はこちら、南阿佐谷にある「RAMEN CiQuE」さんにやって来ました。
R0017588.JPG
まるで、ヘアサロンか、カフェバーのようにお洒落なインテリアのお店です。

以前、5月中旬に絶品の塩ラーメン焼トマトのせをいただきました。
また、7月始めに興奮と感動の美味しさの冷製和え麺 -雲丹豚骨と山葵の2色ソース-をいただきました。

今回は、8月2日から始まったという冷やしラーメンがお目当てです。
訪問日は、8月27日です。ようやく、やって来ることが出来ました。

夜の部訪問は、初めてです。
R0017587.JPG
まるで宇宙空間にいるような、闇に浮かぶCiQuE(地球)です(笑)

7月20日より、営業時間が変更になったそうです。
R0017590.JPG

入店すると、まず入り口入って右側の券売機で食券購入です。
R0017591.JPG
目指すは、限定の「香草とヨーグルトの冷製スープ麺」(800円)、「塩ラーメン」、「醤油ラーメン」の右隣にありました!

店主さんにチケットを渡してご挨拶、「今回は、だいぶ出遅れました!(笑)」。

製作過程を見ていたのですが、店主さん、流れるような流麗な動作で作業を行っています。
また、限定麺は相当多数の工程を経て作られていきます。麺は水で締めた後、改めて氷水で冷やしているのですね。物凄い手間がかかっています。

待つことしばし、「香草とヨーグルトの冷製スープ麺」完成でーす♪
R0017592.JPG

美しいガラスの器で登場です。
R0017599.JPG
器・麺・スープ・具、全てがカチンカチンに冷えています。やっぱり冷やしはこうじゃなくちゃ!

具は、紫キャベツのスプラウト、白髪ネギ、大葉に見えるのはレモンバーム、トマト、青葉。
R0017600.JPG

そしてメンマ、アボカド、揚げネギ。
R0017601.JPG

写真では判りづらいですが、タレ漬けの鶏肉はレア状態です。
R0017602.JPG
アボカドと一緒に食べると、凄い美味しいです。超感動ー!

白濁した冷製スープはヨーグルトを使っているとの事ですが、言われないと全くわかりません。
R0017606.JPG
スープは、鶏の旨みが溶け出していて、爽やかな酸味が少しだけ感じられます。
揚げネギが、良い具合に香ばしさを演出しています。こりゃ、美味いっす!

そして、香りの強い多様な具が入っているので、いただく場所で風味・味わいが異なるのです。これは凄い。彦麻呂じゃないですが、味の七変化やぁ〜!って、そんな感じです。
R0017604.JPG

美味い、旨い、ウマイと、あっという間に完食してしまいました。

食後、店主さんとちょっぴりお話、「香草とヨーグルトの冷製スープ麺」、8月で終了との噂もありましたが、8月31日で、きっぱりと終了ということは無く、天候など、様子を見ながら終了時期を決めるそうです。
9月初旬〜中旬頃かな、とのことでした。ただ、あまり涼しいとオーダーが入らないそうです。また食べたいので、暑い日が続かないかな(^_^;)ご馳走様!

RAMEN CIQUE



お店のデータはこちら、とらさんサーチをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック