本日のお店はこちら、2008年3月30日に大井町でオープンした新店「EX」です。
R0012372.JPG
Tkzさん記事で、オープンを知りました。ワタシの訪問日は、4月2日です。

実はこの日は、スープ不出来のため昼営業は中止でした。
R0012371.JPG
そんなことは当然知る由もなく、ようやく都合がついたので喜び勇んでやって来たのですが、店頭臨時休業の掲示を発見、がっかりでした。

たまたま、ドアが開いていて、店主さん携帯で電話中、電話が終わるのを待って、店主さんに、昼営業終了ではなく、臨休であることを確認しました。
夜なら準備できる見込み、夜何時頃来られるか、もしかしたら、夜もスープが不調かも、といったやり取りの後、店主さん突然、「時間はかかりますが、1食なら今用意できますよ」とのこと。何でも、本日友人の方が開店祝いに遊びに来られる予定で、そのおもてなしのため、昨日のスープストックが数食分あるとのこと。せっかく来ていただいた事でもあり、1食なら作っても大丈夫だそうです。
大変申し訳なく思い、すごく恐縮したのですが、折角の申し出なので、作っていただくことにしました。
というわけで、CLOSEDの状態で潜入ルポです。

改めまして、「つけ麺EX」さん、ドアがメッチャカッコいいです!
R0012334.JPG
お店の場所は、永楽@大井町のちょうど裏手にあたります。
あ、1枚目の写真「つけ麺」ののぼり(?)は、後で出していただいたモノです。

店頭には、開店間もないので花がいっぱいです!
注目すべきはビックネームからの祝花が多いことです。左「新福菜館@京都」、右「横浜六角家@羽田」。
R0012338.JPG R0012368.JPG

左「味噌らーめん南部@自由が丘」、右「豚骨世界大大@自由が丘」。
R0012369.JPG R0012370.JPG
店主さんにお尋ねしたところ、以前に働いていたお店や友達の店とのことでした。でも、特に修業先というわけではなく、ラーメン・つけ麺は、独学だそうです。

昼は、つけ麺専門店「つけ麺EX」、メニューはつけ麺の1種類のみ。夜はラーメンつまみメインの「Bar EXCELLENT」、「まともな物は出せないけどボッタクリBarじゃないから安心してね by S.S.」だそうです(笑)
R0012337.JPG
どうやら、以前この店舗に入っていたスナックがボッタクリBarだったようで、その洒落だそうです!

ようやく入店(笑)
R0012340.JPG
「メニューは01(つけ麺)700円(オープン特別価格)1種類のみです。
つけ麺に茶碗(ゼロワン)蒸しがおまけで付きますが、そのまま食べないで麺を食べつくしたあとにスープに入れてお召し上がり下さい」

かなりユニークですね〜!あ、700円は、今だけ価格だそうです!

店内の様子です。店内カウンターのみ5席でしょうか。スナックの居抜きだけあって、かなり狭いです。
R0012341.JPG R0012342.JPG
ここにもロボットアニメのフィギュアが(笑)

内装は、かなりの部分、ご自身で工夫(苦労)されて、ようやくオープンにこぎつけたとのこと。
R0012344.JPG R0012345.JPG
いろいろ面白いお話を、たくさん聞かせていただきました!きわどい業界裏話なんかも聞かせていただいたりなんかして、ちょっとここに書けないのが残念です(汗

麺茹で機も、洗って分解して仕舞った所ということで、中華鍋でお湯を沸かしていただきました。本当に、どうもすみません!
R0012346.JPG

いろいろ苦労していただいて、「01(つけ麺)」完成でーす♪
main.jpg

麺皿は、三角錐を逆さまにしたような特徴的な形です。
R0012351.JPG

麺の上には、チャーシュー、大根、大葉が乗っかっています。
R0012353.JPG

麺は、ツルツルシコシコ、食感の良い太平打ち麺です。
R0012363.JPG
麺の量は200gです。大盛りリクエストへの対応は、考え中だそうです!あ、製麺所は、秘密だそうです(笑)

つけ汁は、表面を油が覆っていて、青海苔が降りかけられています。
R0012356.JPG
お味は塩味で塩つけ麺になっています。

豚骨は一切使わずに、鶏ベースでスープをとっているそうです。さらに、大量の貝柱を投入してダシのコクと旨味を増しているそうです。さらに、完全無化調とのこと。手法としては、ひるがお(せたが屋)と似ているのでしょうか?

食感のとても良い麺と貝の旨味溢れるつけダレで、とても美味しいです。
R0012364.JPG
強いて言えば、今回は冷蔵庫から取り出したジェル状スープを温めて戻したので、バランス的にはちょっと鶏が強かったかも。でも、ブレの範囲と思われますし、十分許容範囲です。

01(ゼロワン)の語源、茶碗蒸しは、固蒸しタイプです。
R0012358.JPG R0012361.JPG
通常和風ダシで、下味をつける茶碗蒸しですが、こちらではつけ麺スープで茶碗蒸しが作られているそうです。

こちらでは、スープ割りを受け付けておらず、その代り、麺を食べ終えたら茶碗蒸し割りを行ってくださいとのことです。
R0012365.JPG
で、スープに茶碗蒸し投入中です。
茶碗蒸しだけで少し食べたのですが、あっさりはんなり薄塩味、そのままだとちょい物足りない感じ。

で、スープ割りならぬ茶碗蒸し割り。
R0012366.JPG
茶碗蒸しの中に干し貝柱が隠れていましたー!

濃い味のスープで、あっさり味の茶碗蒸しを食べる感覚は、前人未到のミラクルテイストです!やや、しょっぱい気もしますが、癖になる味わいで、これもまた、とても美味しかったです!

素晴らしくユニークかつ独創的なお店で、とっても楽しく美味しかったです。また、店主さんも実に人懐っこく話好きで、始終楽しく会話・食事ができました。
夜のバーも行ってみようかなー!ご馳走様でした!

つけ麺EX


お店のデータはこちら、とらさんサーチをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック