今回もまた限定を求めて、こちらへやって来ました。
P1090015.JPG
当ブログでは、もう何度も登場していますが、お店は、高田馬場にある「二代目海老そばけいすけ」です。

訪問日は12月26日、訪問時間は16時近くです。
こちらの近所で商談があり、仕事が終了後、この日開始の限定麺「カキの手打ちらーめん」が残っていないか、ふらっと立ち寄ってみました。


P1090017.JPG
扉を開けて券売機を確認。あ、ありました、本日(12/26)開始、1日限定20食の「カキの手打ちらーめん」950円、夕方近くで残ってました。ラッキー!
当然、その限定をオーダーです。

限定麺は、発売後すぐはあまり知れ渡っていないこともあり、遅い時間でも意外と残っているケースがあります。今回も、現定数が多いのと、まだ周知されていないため、たまたま残っていたようです。

店内の様子やら卓上の様子などは、以前の記事を見ていただくとして、早速行ってみましょう。

「カキの手打ちらーめん」完成で-す♪
P1080989.JPG

ラーメンは、このお店ではおなじみの、球体を斜めに切ったような丼に入って、例の巨大レンゲが添えられて来ます。
P1090004.JPG

丼の傍らには、柚子皮入りのホットの白ワイン(シャンブリ)が添えられています。熱を加えてアルコールを飛ばしているので、そのまま飲んでも大丈夫とのこと。
P1080997.JPG
ラーメンを途中まで食べたら、スープにワインを加えてみてください、だそうです。この時点でビックリ!

また、薬味がのっかた小ライスも添えられてきます。これは、〆の雑炊にして下さい、とのことでした。
P1090011.JPG

ラーメンの具は、刻みネギと、中央に糸唐辛子、カイワレにメンマ。その下にお宝が隠されています。P1080995.JPG

スープは、鶏がらベースながら、滋味というかコクが十分に感じられるものです。
P1090008.JPG
このスープ、実に美味しいですね。一口で、大好きになりました。

「手打ちらーめん」というメニュー名が表す様に、麺は、「けいすけ」初の自家製麺だそうです。
P1090009.JPG
中細平打ちストレートです。柔らかめの茹で加減で、麺の長さが見事にバラバラなところが、いかにも自家製麺らしい感じでした。
基本的に、スープと具が美味しいので、麺はまあOKです(笑)

巨大レンゲの端っこには、ナンコツ入りの鶏つくね、でっかいです。このつくね、想像通りの味ですが、実に美味しいですね。
P1090001.JPG

カイワレの下に見えるのは、、、
P1090003.JPG

大ぶりで、ふっくらプリップリの牡蠣でした。
P1090006.JPG
これが、ジュワっとジューシーで、堪えられない美味しさです。

さらに奥に隠れていた四角いブツは、牡蠣の茶碗蒸しでした。
P1090010.JPG
ペースト状に加工された牡蠣と、生クリームで作られた茶碗蒸し、ねっとりとした口当たりで、旨味タップリです。

途中まで、ラーメンを食べたらシャンブリ投入。スープの味に酸味がプラスされ、サッパリすっきり、美味ぁーです!

麺と具を食べ終わったら、スープをご飯にかけて、雑炊作成です。
P1090012.JPG
これ、サイコーです。超絶的に美味しいです。

ご飯の上の赤い薬味は、ぴりっと辛く柚子胡椒にもちょっと似た、でも独特な味がします。
食後に聞いたところ、かんずりという新潟地方の珍味(辛味調味料)だそうです。
なーるほど、牡蠣雑炊の薬味にピッタリでした!

「二代目海老そばけいすけ」さん、相変わらず完成度の高い、素晴らしい創作麺でした。

で、この時期のお約束、年末年始の営業情報です。
P1080986.JPG
無休で営業だそうです!ご苦労様です。お正月も、この美味しさが食べられるんですね!?

「二代目海老そばけいすけ」さん、ご馳走様でした!

「二代目海老そば けいすけ」のラーメンの記事は、こちらです。
2007年夏の冷やしラーメンの記事は、こちらです。
2007年秋のすっぽんそばの記事は、こちらです。

二代目 海老そば けいすけ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック