今回は久々に行ってきました、「中華そば もちもちの木 野田店」です。

訪問日は8/26です。


特に新メニューや限定メニューが始まったわけでもないですが、大好きなお店です。時々無性に食べたくなり訪問してしまいます。
白岡本店オープン(1999年)直後、まだ行列など無いころから好きで通ったお店です。
野田店のオープンは2002年9月です。

店内はすべてテーブル席です。

オーダーは「中華そば(中)」735円 にしました。
ちなみに中華そばは、(小)140g (中)280g (大)420g です。

オーダー後ちょっとして、トッピングにチャーシュー210円を追加しました。

「中華そば(中)」完成です。

こちらのラーメンの特徴は、知らないでそのまま食べると火傷するほどの熱々スープです。
その沸騰スープの表面には鶏油、ネギ油、ラードをブレンドした油の層があり、熱を封じ込めてまったく冷めません。
お味の方は、豊潤な鰹ダシが効いていてたまらない美味しさです。最近あちこちのお店見られる魚粉ですが、頑者@川越やこのお店が魚粉を使ったラーメンのはしりです。

追加注文のチャーシューは、別皿ですぐ出てきました。

熱々スープに浸すとすぐにホロホロと柔らかくなり、これがまた旨いんです。

麺は、中細ストレート。
このお店の「伝説の湯きり」はかなり有名で、数十回に麺を茹で上げてから数十回に及ぶ湯きりが行われます。
茹で湯を一滴たりともスープに混入させたくない、スープの味を汚したくないという、店主の心意気です。

そのお味は、柔らかなのにしなやか、とでも言いますか、食感が爽快な美味しい麺です。

もう一つ名物は穂先メンマです。大変柔らかで美味しいメンマですが、原価が高く、ラーメン店で使われることはあまりありません。
それをこのお店は贅沢に使っています。

中盛り280gも、美味しくってあっという間の完食です。

ここに来ると必ず頼むデザート「杏仁アイス」210円をオーダーしました。

これはとても美味しいです。アイス自体にお餅のような粘りがあり、実際に食感もお米の粒を感じるような食感です。
アイスはもちろん器まで冷え冷えです。甘さもほどほどで、濃厚ラーメン後には口中がさっぱりとします。

満足でした。出遅れるとかなりの行列ですが、また来ようっと!

今回はあまり奇麗な写真が撮れなかったので、いろいろ画像補正するより思い切って大半を没にしました。
その代り、お店のデータを載せます
 住所:千葉県野田市蕃昌新田字今泉287-2
 電話番号:04-7127-6620
 定休日:無休
 営業時間:11:30~23:00
 席数:30席
 最寄り駅:東武野田線七光台駅
 駐車場:あり(25台)

 メニュー
  中華そば(小)140g (中)280g (大)420g
  つけ麺 (小)200g (中)400g (大)600g

もちもちの木野田店の以前の記事はこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック