今日(9/12)、また一つ新しいラーメン店がオープンしました。

お店の名前は、福岡は久留米本店のとんこつラーメン店「龍の家」です。場所は、池袋東武百貨店12Fのスパイス池袋東武内です。


諸国ラーメン探訪区の第5代目店として、本日(9/12)華々しくオープンしました。

池袋東武の諸国ラーメン探訪区とは、
《==============
首都圏では食べられない全国各地の“ご当地ラーメン”で、今後伸びて行く可能性を秘めた郷土色豊かなその地方ならではの“味”を、期間限定出店というスイングショップ形式でご紹介するものです。

〈これまでの出店〉
 2002 年11 月~ 「縁や」(北海道札幌市)
 2003 年11 月~ 「潤」(新潟県燕市ほか)
 2004 年10 月~ 「蔦亭」(北海道旭川市)
 2005 年07 月~ 「すみれ」(北海道札幌市)
==============》
   ※池袋東武のプレス発表より引用。

諸国ラーメン探訪区は、基本的に1年間で店舗入れ替えですが、「すみれ」は大好評で、期間を延長して営業していました。
その「すみれ」が、惜しまれながら8月末で退店しました。
代わって、久留米のとんこつラーメン店「龍の家」が登場しました。
1枚目の写真、池袋東武B1Fの大型ビジョンの写真ですが、「待っとったばい」「やっと選ばれたばい」が面白いです(笑)

こちらが、メニューカード(表)です。行列中に、「表がお店の特徴、裏がメニューです」と、渡されました。

本日は、オープン初日の混雑を捌くため、スタッフが注文を受けて集金、券売機で食券を買って待ち客に食券を渡すシステムでした。

メニューは、こちらです。

オーダーは、お店の一番人気という「こく味肉玉」980円にしました。
肉玉とは、チャーシューと味玉のことですね。いわゆるチャーシュー麺味玉つきといったところです。

通常のとんこつが「とんこつ 純味」で、コクを増したとんこつが「こく味」です。
「こく味」のノーマル版との違いは、スープに背脂を溶かし込み、さらにニンニク・焦がし玉ねぎをベースにした香り油がふりかけられています。さらに、自家製という辛味噌が麺の上にトッピングされています。

卓上です。

壷の中身は紅ショウガでした。

「こく味肉玉」ラーメン、完成です。

具は、ネギ、チャーシュー、きくらげ、味玉、チャーシュー、辛味噌です。

一手間かけた自慢のスープ、深いとんこつのコクがあり、背脂の甘みも追加されていながら意外とあっさりいただけます。

これは、美味しいですが、どこかで食べたような感じです。

麺は、自家製麺、福岡のとんこつらしく極細です。

あ、オーダー時、固めを頼んだところ「通常でも固めの茹であがりです」と言われました。なので、そのままオーダーしましたが、確かに歯応えよく、濃厚スープにマッチした麺です。

チャーシュー、よく煮込まれていてとても柔らかいです。

このチャーシューは、旨いですね~!

味玉を割ったところ、奇麗な半熟でした。

トンコツの臭みも皆無で、かなり食べやすく美味しい味でした。
ところで、最初からあったデジャヴな感覚ですが、このラーメン、「博多一風堂 赤丸新味」に大変よく似ていると思い当りました。
もちろん背脂が添加されていてコクが補強されている点など、細かい相違はあります。しかし、ベースとなる味の組み立て方や方向性は、たまたまでしょうが似ています。もちろんどちらも、美味しいことには違いありません。

次回は、池袋店だけの限定メニュー「とんこつつけ麺」をオーダーすることに決めました。

お店のHPはこちらです。

池袋東武店のHPはこちら(ぐるなび)です。

東武百貨店 池袋店

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック