今日(8/11)は、休日ですが午後から仕事です。こんな日は、なかなか行けないところに行こう!というわけで、久しぶりにシャッターしてしまいました。

ラーメン好きの用語で「シャッター」とは、「シャッターの前に並ぶ」=「開店前に並ぶ」ことです。
お店は、目黒の権之助坂にある「づゅる麺池田」です。


JR目黒駅から権之助坂を下って目黒1丁目~2丁目の間に、約10件のラーメン屋さんがしのぎを削っています。
その中でもひときわ行列が目立つのが、ここ「づゅる麺池田」です。
この日は、開店5分前に到着して、確か6番目でした。暑い日でしたが、ここの人気は確かですね~!

券売機は、店頭入口の左です。食券購入時すぐ後に並ばれたので、券売機の撮影断念です。

11:30開店で、入店です。

店内の様子です。カウンターのみ10席です。2Fもあるそうで、団体さんは2Fへ通されていました。

卓上の様子です。

白い壷は、魚粉です。

オーダーは、夏季限定の「冷し節らーめん」800円にしました。
「冷し節らーめん」完成です!

このメニュー、なんと昼夜各限定10杯です。

トッピングは、穂先メンマ、白髪ネギ、カイワレ、そして鶏チャーシューです。

麺は、全粒粉入り自家製麺です。黒い粒々が見えますが、それが全粒粉です。

この麺も、この冷しメニューのための特製です。写真では、麺の太さが分かりにくいですが、結構太くコシはかなりあります。
かみしめると強い弾力と味がある、美味しいうどんのような麺です。

鶏節を使ったというスープは、きりりと冷たく冷やし中華とは異なるごくごく飲めるタイプです。

そのお味は、動物性の旨みが効いていて、魚介を感じさせる風味が素晴らしくいいです。
というか、このスープは理屈抜きに美味しいです。

ネギをよけると、鶏チャーシューが出現します。

これが実はスモークされたチャーシューで、その薫り、香ばしさと言ったらもう堪りません。

メンマは、巨大かつ超柔らかな穂先メンマです。

こんだけ、おっきいのは珍しいです。

ビジュアル的にはむしろ地味な感じのする限定麺ですが、巷間の評価では、「づゅる麺池田の限定の中で最高傑作」とのことでした。
実際体験して、その評価がかなりあたっていることが実感出来ました。

もちろん、こちらは定番メニューも素晴らしい出来栄えです。そのため、営業時間中はいつも満席です。

今日も素晴らしい味を堪能できました!休日出勤ガンバロー!

づゅる麺 池田

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック