本日(8/8)は、再び恵比寿です。JR駅至近の山茶家というお店にやって来ました。

お店の前に大きく拉麺という垂れ幕があるので、ラーメン屋さんとわかりますが、ちょっと小洒落た雰囲気の入り口です。

店内は、入り口近くがテーブル席2卓。奥がカウンターです。テーブルへ案内されましたが、一人なので、辞退してカウンターへ。



店内のインテリアは、どう見てもカフェのような雰囲気です。

まずメニューを見て注文、後会計方式です。ラーメンの最低プライスが950円と、やや高めの価格設定です。

オーダーは、夏季限定の「冷やし拉麺」950円にしました。
また、ランチタイムは小ライスがサービスとのことで、そちらもお願いしました。

こちらが、ドリンクメニューです。


この他にも、店頭メニューによると、八海山、レミーマルタン、ワイルドターキー、ズブロッカ、などなどがあるようです。

卓上も、シンプルで綺麗です。

しばらくして、カウンターの他のお客さんも帰られました。

シックで、落ち着いた雰囲気のカウンターです。

もともとこのお店は、おでんを中心としたファッショナブルな居酒屋だったようです。それが、ラーメン専門店に業態変更したとのことです。
店主は、フレンチ出身で、現在もシェフのいでたちがかっこいいです。

待つことしばし、「冷やし拉麺」の到着です。

メニューには、10種類の薬味と書かれていました。薬味は多分、こんな感じでしょうか。
海苔、ネギ、大根おろし、紫蘇、ゴマ、クコの実、揚げネギ、小エビ、ゴマ、ゆず、タマネギ、あれれ、11種類かな?

さらにサービスライスです。

スープですが、おろしポン酢仕立てということで、結構酸味が強いです。冷やし中華のバリエーションで、汗が一気に引いていく感じです。

麺は、まるで玉子麺のようなつるつるした柔らかい麺です。

酸っぱいスープには食べやすくて良いです。

刻み海苔の下には温泉玉子が隠れていました。

温泉玉子を割って、全体をかき混ぜて食べると、いろいろな薬味の複雑な味がします。いままで食べたことの無いような味わいで、新鮮です。

食べてる途中で、割りスープが提供されます。

酸っぱめのベースが割りスープを追加することでマイルドに変化します。

麺や具を食べ終わって、さらに割りスープ追加。

あっさり目の、ライトトンコツスープに変身しました。

食後にホット烏龍茶が提供されます。

これは、冷えすぎた体で猛暑の外へ出る前の、ウォームアップですね。素晴らしい心遣いですね!

ラーメンの味は、まずまずといったところですが、何より落ち着いた雰囲気の店内と、優しい接客でした。
アットホームな空気でマッタリできる空間です。このお店気に入りました。

拉麺山茶家(らーめんやまちゃか)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック