今日は、久々の訪問ということでこちらへ。めずらしい味噌専門店です。ランチタイムはありえないほど猛烈な行列という情報を得ていましたので、夕方に訪問してみました。

17:15分頃到着で、行列15名程度でした。まあまあでしょうか。

こちらのお店は外堀通りに面していて、今の時期は外堀通り沿いの土手が、満開の見事な桜並木で彩られています。特にJR市ケ谷駅から法政大学方面へは非常に見ごたえのある桜並木があります。
今日のお店、麺処くるりは、法政大学の斜向かいで、行列中は見事な桜を鑑賞できます。

法政大学をバックにした桜です。

待つことしばし、ようやく入店です。オーダーはみそらぁめん650円と味玉100円にしました。
店頭の貼紙で営業時間変更のお知らせが掲載されていました。
  営業時間:11:00~20:00
  定休日:土曜・日曜(祝日は営業)
中休みが無くなったのでしょうか?結構びっくりです。ネット上の各種HPやブログでも営業時間情報が古いものが散見されましたので、載せときます。

席は、券売機の直ぐ後ろでした。はっきり言って激セマです。でもハマレバこれも楽かな!?
席について次のサプライズは、以前7席だったのが、店内6席になっていることでした。着席後のお待たせ時間を考慮してのことでしょうか?

卓上の調味料です。左から、ニンニク、一味唐辛子、豆板醤、カレー粉、山椒、胡椒です。

みそらぁめん到着です!

スープの中に炒めたモヤシとニラなどが入っています。スープの上に白髪ネギがトッピングされていて、その上にラー油がかけられています。

以前、ねぎらぁめんを頼んだとき、あまりにねぎが多くて、味がぼやけてしまった印象がありました。ディフォでもネギのトッピングはあるので、今回は普通のらぁめんです。

感想ですが、まず一口目は辛いです。ネギにかかっているラー油が、ダイレクトに麺やスープと一緒に入ってくると、直接辛さ来ます。
でも直ぐに麺・スープなどと調和して気にならなくなります。
スープは、非常に粘度が高く、麺や他の具に大変よく絡みつきます。どうやら背脂が大量に溶け込んでいるようで、それがスープにコクと甘さを加えています。食べてる最中は、美味さがグイグイ押し寄せてきて、箸が止まらなくなってしまいます。

味玉、トロットロの半熟でした。

普通盛りをオーダーしたため、量的には多くはありません。しかし、やはりこのスープでしょうか。食べてるそばからかなりお腹にたまる感があります。これは、とっても腹持ちがいいラーメン(スープ)だな、という感じです。

半分以上食べ終わった頃、「よろしければ、お口直しにジャスミンティーをどうぞ」と、お茶が目の前に置かれます。これが、3つ目のサプライズでした。

写真では比べるものを置かなかったのですが、大きさは、親指と人差し指だけで持ち上げられるくらい小さいもので、小サイズのショットグラスのようでした。
こってり、濃厚なラーメンを食べた後、一服のお茶はとても気持ちがいいです。

満足してお店を出ると、まもなく日没の時間のようでした。薄暮の桜も乙なものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック