今日は本来会社はお休みですが、午後から休日出勤と相成りました。(>_<) せっかくなので平日は行列が凄すぎてなかなか行けない六厘舎へ。 11時30開店ということだったので、11時に到着しました。 この時点で約50人の行列、恐るべし六厘舎!!

こちらのお店は総入れ替え制です。席数は多分11席で、一回転およそ20分程度のようです。 行列中、次のロットに入るとオーダー聞かれます。 あつもりに豚ほぐしのトッピングをオーダーしました。 やっとのことで着席。 卓上のメニュー、(武富士)ティッシュ、お箸です。


卓上の調味料です。左から、ニンニク、胡椒、酢、一味唐辛子です。


お冷は、カウンタのさらに上の棚にあるヤカンからセルフです。このヤカン、高校野球や高校ラグビーで、気を失ったときに、マネージャーが水をぶっかけるアレです(笑)


いよいよ、つけ麺到着です。


あつもりを頼んだのですが、あまり熱くはなかったです。(冷たくもなかったけど。。。) 一口食べた習慣に、「ウメー」と言いそうになりました。まさに押し寄せる怒涛の旨みと言いましょうか。相変わらず、麺・スープともに申し分無しです。 麺は極太、食感がいいです。


スープは、豚骨が強くやや魚貝の風味があるもので、独特の甘みがあります。


これは、美味いです。 ただ1点弱点をあげるとすると、チャーシューでしょうか? 脂身が多く、硬めで、あまり味がなじんでいるように思えません。 それと対照的に、トッピングの豚ほぐしは、大変美味です。 チャーシューの赤身の部分をシーチキンのように細かくほぐしたものですが、 スープにコクがプラスされ、とても力強いものになります。 麺はあっという間に完食。 スープ割りすると、それまでの主張するスープから一転、さっぱりした魚貝風味に変貌します。 ほのかにゆずが香り、これも美味いです。


十分満足な一杯でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック