麺好い(めんこい)ブログ

ラーメンをはじめとして麺類全般が大好きな普通の会社員が綴る、究極の一杯を探し求めるための食べ歩き記録です。

2017年06月

2017年6月28日、本日オープンの新店「らーめん 鴨to葱」へ。
IMG_4540
昨日に続き新店早仕舞いに怯えながらこちらへw
IMG_4548
店の場所は、御徒町駅徒歩約2分。
IMG_4545
御徒町駅北口出てガード右手の御徒町駅前通り(ガード左はアメ横通り)を上野方面へ、程なく左手が店舗。
IMG_4432
店頭には開店祝花。三河屋製麺からの花がありました。
IMG_4525
入店前にまず店外店頭券売機で食券購入です。
IMG_4437
主なメニューは、鴨らぁ麺750円、 鴨わんたん麺900円、鴨汁つけそば880円、鮪屋のトロたくちらしor鴨to葱の小親子丼セット+230円、他。
IMG_4538
訪問時ごはん類は売切表示。
IMG_4533
オーダーは、先日ドゥエ Edo Japan@霞が関でいただいた鴨チャーシューがとても旨かったので、今度は鴨わんたんを試してみたくなり「鴨わんたん麺」で。券売機横には「今月の葱」掲示。
IMG_4439
食券を渡すと、らぁ麺は九条葱・淡路島産玉ねぎ・丸太白葱から2つ選べますが、本日は既に丸太白葱が売切と告げられ、自動的に九条葱・淡路島産玉ねぎに。
IMG_4444
ちなみに鴨汁つけそばは、ニラ・丸太白葱から一択。そして上画像の葱選択表?は、ホールのお姉さんのカンペだそうですw 字が綺麗すぎて、公式カードかと思ったw
IMG_4457
店内は厨房と壁に向かった逆L字型カウンター11席(7席・4席)。カウンターは畳敷き!19:40頃到着で1席のみ空き。後客6位。

食べ終えて外に出たら間も無く券売機停止で、クロージング処理(1枚目画像)。オープン後間もない新店は、夜の部やっても20時で早じまいという法則?がここでも^^;
IMG_4469
スタッフは厨房に男性2名。特製と間違えて入れた味玉を、お客さんの目の前で丼に指を突っ込んで取るのは、なんだかなぁと。洗い場に女性1、ホール担当女性1、計4名体制。

卓上にはこだわりの薀蓄。鴨・水・葱のみの無化調スープ。
IMG_4451
裏は鴨と葱の効能、清水港みなみの鮪について。
IMG_4456
カウンター上にはコップと木製コースター!?
IMG_4523
確認したところやっぱりコースターでしたが、私以外の誰も使っていませんw
IMG_4463
カウンター後ろの通路には、壁にビルトインの葱用冷蔵庫設置。ねぎへのこだわりが伺えます。
IMG_4473
厨房側カウンター最奥の隣は厨房への出入口で、スイング式木製ドア。厨房から外へ出る得普通に戸を押し開けると、座ってる人にぶつかります。客席から厨房へ向かう時、戸を中へ押して入って手を離すと、戸が元に戻る反動で座ってる人の体にぶつかります。厨房側最奥席は要注意!
IMG_4520
BGMはスタンダードポピュラー、ワムとか。箸は割り箸。卓上調味料は、醤油、自家製香り一味、原了郭の黒七味。
IMG_4445
清水港みなみの鮪丼やスター等から、こちらは稲荷町店・佐倉店・十条店新橋店神保町店と展開している「麺や 玄」の関連店としか思えません(未確認)。

そして待つことしばし、「わんたん麺」完成で〜す♪
IMG_4478
丼がミニチュアサイズにしか見えない特異なデザインですが、麺量は一般的なラーメンと遜色ないようです。
IMG_4491
具はわんたん、チャーシュー、九条葱、淡路島産玉ねぎ。ワンタンが丼一面を覆う前衛的なビジュアルw
IMG_4486
スープはさらさらの清湯醤油味。水と鴨だけで作った無化調スープ。はっきり鶏がらスープと分かる風味は立ちますが、正直鴨感はほとんどありません。昼の部で信頼できる知人が絶賛していたので、夜の部までに時間が立って風味が飛んだのか、作り手が違うのかもしれません。もう一点気になったのが、カエシが極めて弱く、分量間違えた!?ってくらい薄味なこと。
IMG_4505
日本蕎麦の鴨そばは鴨の強い風味に多めの鴨油、濃いめの醤油味、そして焼きネギで見事なバランスを形成してますが、薄味過ぎて違う感が拭いきれません。

麺は三河屋製麺のストレート細麺。全粒粉ブレンドで見た目蕎麦のような麺は、風味もよく旨いです!
IMG_4500
ワンタンは超極薄皮で包まれた鴨肉ワンタン。トゥルントゥルンのプリンか杏仁かってくらい柔らかいワンタンで皮が旨い!餡の鴨肉は鶏のつみれって感じで、旨いのですが鴨らしさはありません。
IMG_4510
周りの丼にはメンマが入ってることにふと気づいて、わんたん麺はメンマが入らないか確認したところ、入れ忘れが発覚!小皿で穂先メンマを出して貰いましたが、この日何度目かのなんだかなぁ~と。一つ忘れてると他にも忘れ物ないか、気になります^^;
IMG_4516
おいしく完食!オペレーションが安定した頃再度確認しに来ましょうか。ごちそうさま!

らーめん 鴨to葱 (212/’17)

2017年6月26日、御茶ノ水の新店?「ラーメン 大至」へ。

IMG_4249
2017年6月22日復活オープン。「普通の最高峰」を掲げるラーメン大至が、建物建て替えのため2016年4月23日の営業を最後に長期休業に突入。そして、約1年2ヶ月ぶりに復活。この日再開後初の夜営業とのことで、楽しみに来訪w

続きを読む

2017年6月24日大安、本日のオープンの新店「九十九里煮干つけ麺 志奈田」へ。
IMG_3962
6/22ビックカメラ初出店で沸く秋葉原で、志奈そば 田なか secondが屋号・メニュー・味を一新してのリニューアルを敢行。何はさておき行かねばと、休出後夜の部へw

続きを読む

2017年6月20日、新宿御苑前の「つけ麺専門 百の輔」へ。
IMG_3584
2017年3月7日オープン。この日は本日オープンの新店に向かうも、直前でスープ切れ終了の死刑宣告。まあ20時閉店なので、19時回ったら危険と思ってました。からの、余裕があればセットにと考えていたこちらへw続きを読む

2017年6月19日、本日オープンの新店「Ramen ドゥエ Edo Japan」へ。
IMG_3546
日比谷パークフロントの1F・B1Fに、ショップ&レストランエリア「グルメリウム」が本日グランドオープン。
その中のラーメン店代表?として、ミシュランビブグルマン3年連続選出中の「ドゥエ・イタリアン」が新ブランドを投入。それは気になると早速リサーチw

続きを読む

2017年6月18日、川越の新店「川越 これがかき氷」へ。
IMG_3347
2017年6月17日オープン。巨大フードフェスまんパク@立川で好評を博した「これがかき氷」がリアル店舗をオープン。今回はかき氷ですw

店の場所は川越市役所のすぐそば。グリーンコーヒーの隣。旧松村屋旅館の一画。
IMG_3344
まんパクHPによると、「希少な南アルプスの天然氷と、こだわり抜いた完全オリジナルシロップを使用。今年も野菜のシロップを筆頭に、特別なアレンジをするのではなくかき氷の原点に戻ってシンプルで美味い!を追求したかき氷です。」
IMG_3342
店内は小上がりに2人卓x1、4人卓x2、囲炉裏型のターブル6席、カウンター2~3席、掘りごたつ式の4人卓x2。11:50頃到着で、終始貸切状態。この日は涼しかったですものね。
IMG_3367
スタッフは厨房?に男性2、ホール担当は店長さんらしき方と浴衣女子の2名。女性の方はしょっちゅう咳き込んでいて、マスクした方がいいかも。
IMG_3374
券売機は無く後会計制。メニューは烏龍みるく800円、生キウイ1000円、もも1000円、生いちご1200円、ティラミス1000円、三ケ日みかん900円、和三盆蜜と白あずきみるく1000円、黒蜜きな粉バニラ900円。川越の食材を活かしたかき氷は、鏡山1200円、川越いも1200円、河越抹茶みるくと白あずき1200円。
IMG_3353
期間限定メニューは、生メロン1200円、生すいか1000円。他にトッピングあり。まんパクではにんじん・トマト・かぼちゃ等、野菜のシロップが人気でしたが、こちらではフルーツと甘味のラインナップ。
IMG_3350
オーダーが済むと大型のかき氷マシーンでガガーと調理が始まります。
IMG_3358
お茶はホットのほうじ茶がセルフで飲み放題。かき氷で冷えた身体に嬉しいケア。
IMG_3365
そして待つことしばし、「生メロン」完成で~す♪ 氷はふわっふわで、頭がキーンとなることはありません。メロンの果肉はは甘くてジューシー。シロップが案外普通。
IMG_3370
同行者の「生いちご」。こちらもイチゴの果肉は甘酸っぱくて美味。シロップが平凡で、コスパはあまりいいとは言えません。
IMG_3373
ほうじ茶が香りが素晴らしく良くて、ウットリするほど素晴らしかったです。
IMG_3375
おいしく完食!川越の食材シリーズが気になります!ごちそうさま!

川越 これがかき氷

2017年6月12日、蒲田の新店「ラーメン 宮郎」へ。
IMG_2513
2017年6月10日オープン。煮干しつけ麺 宮元で限定提供した二郎系がスピンオフ、路面店としてオープン。初日シャッター迷いましたが、強烈に混雑しそうだったので少し落ち着きそうな平日に。実際口開けは物凄かったらしいです(^_^;)

続きを読む

2017年6月10日、越谷レイクタウンの新店「佐野らーめん 利休」へ。 
IMG_2270
2017年6月7日大安にオープン。栃木県佐野市にあった佐野ラーメンの人気店が、埼玉県越谷市に移転オープン!初日は昼の部で売切てしまい、夜の部をお休みしたそうです。安全策を取って昼来れる土曜まで待ってましたw

続きを読む

2017年6月6日、目黒の新店「ラー麺ずんどう屋 目黒店」へ。
IMG_1972
2017年5月3日大安にオープン。姫路発祥で関西圏を中心に店舗を展開するずんどう屋新宿店に次ぐ都内2号店。フラれる心配がないで安心しきってたら、オープンから1ヶ月近く経っちゃいました^^;

続きを読む

2017年5月5日、池袋の新店「麺屋 蜀伝」へ。
DSCF7095
2017年4月5日オープン。中国四川省漢源県出身の店主による、現地の最高級花椒「貢椒」を使って作る担々麺専門店。かなり気になってましたが当初昼営業のみ、夜営業開始以降も早仕舞いありと営業が不安定との情報もあって、訪問を躊躇ってました。まるえ食堂@東小金井の後、満を持して訪店w

続きを読む

2017年6月3日、代々木公園の新店「らーめん 已己巳己」へ。
IMG_1838
2017年4月24日オープン。珍しい店名で気になり、GW中に予定を組むも、GW中はずっと連休でした^^; ってことで、だいぶ間が空いちゃいましたが、かしわぎ@東中野→東京じゃじゃ麺まるきゅう@阿佐ヶ谷の後こちらへw

続きを読む

2017年6月3日、阿佐ヶ谷の新店「東京じゃじゃ麺 まるきゅう 阿佐ヶ谷本店」へ。
IMG_1825
2017年5月25日オープン。盛岡三大麺の一つ「じゃじゃ麺」をアレンジしたメニューの新店。じゃじゃ麺の新店は久々!ってことで、かしわぎ@東中野の後こちらへw

続きを読む

2017年6月2日、四谷三丁目の新店?「吟醸煮干 灯花紅猿」へ。
IMG_1582
2017年6月1日、塩つけ麺 灯花よりリニューアル。鯛塩そば 灯花京紫灯花繚乱と、今や3軒を構える「灯花」躍進の礎を築いた1号店がメニューを一新して煮干しらーめん専門店に。それは気になると速攻駆けつけw

続きを読む