2020年8月2日、本川越の新店『まぜそば専門店「ゆう」』へ。

IMG_7917

2020年8月1日オープン。大宮まぜそば誠治の後、まぜそばの連食🍜

IMG_7926

店の場所は、本川越駅西口徒歩約2分、川越市駅徒歩約7分、JR/東上線川越駅東口約1km。

IMG_7930

1Fが行列の絶えない手打ちうどん長谷沼の2Fで、お好み焼き きらく亭の店舗。階段上がっていくと途中でセンサーが反応して、店内でチャイムが鳴ります。

IMG_7931

券売機はなく後会計制。主なメニューは、特製まぜそば(温玉あり)800円、(温玉なし)750円、ハーフ マイナス100円、他。記事書いてて気づきましたが、ツイッター見て来たと伝えると500円。

IMG_7933

注文すると「こだわり(お好み)」を聞かれます。「こだわり」は味の濃さ、一味の有無、ニンニクの有無。

IMG_7936

店内は真っ直ぐなカウンター4席、4人卓x2。13:00頃到着で先客3、後客1。スタッフはイケメン男子2名。

IMG_7941

会計時に確認しましたが、きらく亭の二毛作ではなくスタッフも全然別で間借り営業だそうです。

IMG_7937

BGMはポップス。箸は割り箸。卓上調味料はなしですが、まぜそばと一緒にラー油と辛子味噌を提供してもらえます。

IMG_7968

そして待つことしばし、「特製まぜそば(温玉あり)」完成で~す♪

IMG_7945

背が低くて口径の広い、混ぜやすい形状の麺鉢丼で着丼。

IMG_7957

ニンニク少しでお願いしたところ別皿で用意、「必要な分だけお使い下さい」と親切な対応いただきました。

IMG_7960

具は、鶏のワイン煮込み、花かつお、きざみ海苔、細切りチャーシュー、フライドオニオン、揚げ玉、千切りキャベツ、温玉。かつお節に天かす、キャベツときたらもはやお好み焼きの食材ですが、特にお好み焼きを意識したわけではなく、たまたま似た具材になったとのこと。

IMG_7953

タレは鶏と豚ベースの三種の合わせダレを使用。麺は平打ちで強い縮れの付いたタイプ。もちもち食感の太麺に様々な具材が絡んで、目まぐるしく変わる食感のバリエーションが楽しいです。柔らかい豚チャーシューと甘辛い鶏チャーシューが極めつけに美味。

IMG_7965

後半揚げ玉がやや重くなるので、酢かレモンとかあるとさっぱりいただけそう。それから、たっぷりのキャベツにはやはりマヨが欲しくなります。

おいしく完食!暑くなるとまぜそばいただく機会がますます増えそうです。ごちそうさま!

まぜそば専門店「ゆう」 (231/’20)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック