2020年7月24日、桜木町の新店「すごい煮干ラーメン 野毛すし釣りきん」へ。

IMG_7019

2020年6月1日オープン。寿司店「野毛すし釣りきん」が凪プロデュースにより煮干ラーメンと寿司をいただける店にリニューアル。ラーメンと寿司といえばよつば@川島町がレジェンドですが、さてさて。白楽栗山製麺@三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの後こちらへ。

IMG_7091

店の場所は横浜市営地下鉄桜木町駅南2B出口出て振り返ればそこに。魚と酒 はなたれ→日本酒Saka蔵→野毛すし 釣りきんと入れ替わった店舗ですが、はなたれ以降同じ経営でリニューアル。

IMG_7096

一蘭と三田製麺所の間で豚骨ラーメン、煮干ラーメン、つけ麺が軒を連ねるラーメントリオ・ストリート。

IMG_7021

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、すごい煮干しラーメン870円、すごい煮干しラーメンハーフ690円、すごい煮干しラーメン塩870円、日替わり地魚握り5貫650円、すごい煮干しラーメン鉄火たくあんセット1200円、すごい煮干しラーメン地魚握り5貫セット1500円、他。

IMG_7022

セットだとラーメンはフルサイズになるため、ラーメンをハーフサイズにする場合はそれぞれ単品での購入が必要。最初間違えてセットを勝っちゃって買い直し。対応いただいてありがとうございます。食券を渡すと辛いタレが入るけど大丈夫か確認が入ります。

IMG_7026

店内は厨房を囲むL字型カウンター8席(6・2)、壁に向かった真っ直ぐなカウンター6席。11:50頃到着で先客2、後客16で店内満席外待ち発生。

IMG_7035

スタッフは男性2名、握りとラーメンで担当を役割分担。BGMは三味線の調べ。雰囲気はつじ田の店内。箸は割り箸。卓上調味料は煮干酢。

IMG_7027

そして待つことしばし、「すごい煮干しラーメン(ハーフ)」+「日替わり地魚握り5貫」完成で~す♪

IMG_7046

最初に握りが遅れてラーメンが着丼。

IMG_7064

具はチャーシューx2、メンマ、煮干x2、駒ねぎ。

IMG_7054

ラーメンはいつものおなじみ凪のすごい煮干しラーメン。登場したときは相当衝撃的、今でも振り切った煮干し感は健在。

IMG_7061

ハーフサイズのためか最初ちょっとしょっぱくて塩味立ち気味。じきに馴染んできますが、味が指定できたら薄めコールしたい感じ。煮干しの効きはバッチリで不足なし。凪は既に各店店内焚きではありませんが、そのクオリティと安定感はずば抜けていて満足度は十分!カップ麺のカップヌードルや袋麺のサッポロ一番的な、煮干ラーメンの凪的なところがあって、すごく美味しい!

IMG_7079

麺は新宿だるま製麺の中太縮れタイプ。小麦の存在感を感じる密度高いムチムチ麺で、麺もまた旨いなぁ~!

IMG_7073

超幅広麺いったんも麺も健在。このコンテンツの存在感とインパクトはずば抜けていて、たまに無性に食べたくなります。

IMG_7083

「日替わり地魚握り5貫」、赤酢で締めたしゃりの握りで、むらさきがかかっています。赤酢かむらさきか両方かが甘めで、それもまた旨いっす!そして煮干ラーメンと握りがとてつもなく良く合って、これ発明じゃないかってくらい!

IMG_7040

おいしく完食!煮干ラーメンも塩とか、寿司系は鉄火巻やらしらす飯など、組み合わせのバリエーションがいろいろ楽しめそうです。ごちそうさま!

IMG_7086

すごい煮干ラーメン 野毛すし釣りきん (222/’20)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック