2020年7月11日、初台の新店「背脂煮干中華そば 我武者羅 初台店」へ

IMG_5526

新潟らぁ麺専門店 我武者羅の幡ヶ谷本店、心や代々木店、五所川原ELM店に次ぐ国内5店舗目。間違いない一杯を求めて、焼あご煮干しらぁめん 碧猫@分倍河原の後こちらへ。

我武者羅略史。2005年4月6日豚骨魚介ラーメンの「どっかん」として創業。2006年1月5日、「鯛だし豚骨 我武者羅」としてリニューアル。

2007年7月7日、セカンドブランド(二毛作店)「新潟濃厚味噌 弥彦」開始。2008年12月12日、サードブランド(三毛作店)「背脂煮干濃厚醤油 どっかん」開始。
IMG_1692

2010年5月24日、生姜醤油らぁ麺「我武者羅」としてリニューアル。2013年7月15日、2号店「新潟燕三条 背脂煮干醤油 どっかん」オープン。2014年9月2日、「Miso Noodle Spot 角栄 KAKU-A」オープン。

2015年1月4日、「どっかん」が「心や」としてリニューアルオープン。2015年11月11日、「Miso Noodle Spot 角栄」の2毛作店として、「Ginger Noodle Spot 角栄」オープン。

IMG_5529

2017年8月21日、Miso Noodle Spot 角栄/Ginger Noodle Spot 角栄がリニューアルして「生姜醤油専門 我武者羅 代々木店」オープン。2020年3月7日、「五所川原ELM店」オープン。そして今回初台店オープン。

店の場所は初台駅北口徒歩約4分。オペラ通りの先不動通り沿い商店街内。居酒屋 串松の跡地。

IMG_5532

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、中華そば850円、もり中華950円、もち豚餃子400円、3点盛500円、他。

IMG_5536

中華そば・もり中華は背脂の量が鬼あぶら、大あぶら、ふつう、ちょいあぶらから指定可能。特に聞かれないで申告制。何も言わなければ「ふつう」で。

IMG_5534

店内は、厨房を囲むL字型カウンター12席(3人ベンチx3、1人席、2人ベンチx1」)。12:30頃到着で先客10、後客4。

IMG_5543

スタッフは厨房に男性4名。蓮沼店主自ら調理&陣頭指揮。スタッフユニフォームのバックプリントと前掛けには「我」の文字。

IMG_5544

着席するとおしぼりを渡されます。BGMは琴の調べ。箸は割り箸。卓上調味料は生姜酢、一味唐辛子。

IMG_5539

そして待つことしばし、「中華そば(背脂ふつう)」完成で~す♪


IMG_5548

昔ながらのオーソドックスなラーメン丼がレンゲと共に銀の受け皿に載って着丼。

IMG_5564

具はチャーシュー、メンマ、岩のり、きざみ玉ねぎ。チャーシューは厚めにスライスされた肉塊が3個でボリュームたっぷり。盛りつけ的にチャーシューを敷き詰めた上にその他の具を載せてる関係上、提供時チャーシューが見えないのが惜しい点。

IMG_5560

スープはさらさらの清湯醤油味。煮干しびっしり綺麗な効きっぷりの煮干出汁に、「ふつう」でもたっぷりの背脂入り。サプライズやギミックは有りませんが、安定定番安心予定調和明朗裏切らない背脂ニボテイストで、すごく美味しい!ただ後半あと数滴カエシが欲しいかも。

IMG_5576

麺は角断面のストレート太麺。うどんに近いシコシコでもっちりとした食感。啜り心地が最高に良くて、スープをたっぷり拾ってくれるのもグッジョブ!

IMG_5568

おいしく完食!もり中華もちょっと気になります、ごちそうさま!

背脂煮干中華そば 我武者羅 初台店 (204/’20)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック