2020年1月8日、大塚の新店「牛骨ラーメン 香味徳 大塚店」へ。

IMG_1816

2019年12月21日オープン。鳥取のご当地麺である牛骨ラーメンの有名店「香味徳」の銀座店に次ぐ都内2号店(高田馬場店は既に閉店)。しらけんさんに情報貰って訪店。

IMG_1823

店の場所は大塚駅南口徒歩約4分。米沢ラーメン愛愛→野田焼売店→黄金バンカ麺と入れ変わった跡地。

IMG_1879

店頭開店祝花はもう跡形しか残ってませんが、銀座香味徳からの花がありました。

IMG_1874

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、香味徳750円、香味徳白750円、香味徳醤油750円、魚介牛骨つけ麺850円、牛骨味噌850円、牛骨担々麺800円、他。

IMG_1832

ランチタイムはセットのミニ丼(豚丼or明太丼)が+50円、餃子が+250円と破格。

IMG_1827

15時まで麺大盛り無料。終日ライス無料。 

IMG_1829

店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター9席。建て付けはL字型カウンターですが短辺は未使用。可動式の2人卓x3、4人卓x1。20:30頃到着で先客4、後客3。スタッフは厨房に男性、ホール担当女性の2名体制。

IMG_1868

BGMは邦楽・洋楽いろいろ。箸は割り箸。卓上調味料は、醤油、酢、ラー油、すり胡麻、自家製ラー油、CSブラックペッパー。

IMG_1872

食べ放題のキムチは、お客さん来店ごとに冷蔵庫から出して提供。 

IMG_1839

そして待つことしばし、「香味徳白」完成で〜す♪ 

IMG_1844

食券を渡してから5分での提供。感覚的にはあっという間。

IMG_1855

店頭看板によると、「東京限定こってり系牛骨ラーメン 白濁スープにピリ辛赤ラー油」とのこと。具はチャーシュー、メンマ、モヤシ、水菜、海苔、きざみねぎ。

IMG_1852

スープはさらりとした牛骨白湯塩味。とろみは無いですが、唇と口中がすぐにペタペタ。どうやら思いっきり乳化が進んでいて、牛脂がたっぷり溶け込んでいそう。そして牛のアクというかクセがかなり強くて、独創的な風味と味わい。牛骨をワイルド&存分に味わえる野趣溢れるジビエ的な一杯。

IMG_1865

麺は中細縮れタイプ。ややダマになっているところがあったりして、まあ慣れれば改善されますよね。

IMG_1857

おいしく完食!鬼門的な物件ですが、頑張って下さい!ごちそうさま! 

牛骨ラーメン 香味徳 大塚店 (9/’20)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック