2019年12月12日、八幡山の新店「麺処 しろくろ」へ。

IMG_9387

2019年12月11日オープン。店主さんは、多数の有名店でメニュー開発に携わったという歴戦の猛者。行列店になる前に早めのアプローチ。

IMG_9331

店の場所は八幡山駅徒歩約1分。京王線ガードの南側で京王ストアの側面出口正面。 

IMG_9397

荻窪へ移転した五稜郭→屋台スタンドポンポン亭2→魚酒房石もりと入れ変わった跡地。

IMG_9337

店頭開店祝花は中華そば きなり、三河屋製麺から。

IMG_9327

入店するとまず券売機で食券購入です。 

IMG_9340

主なメニューは、煮干し醤油そば880円、浅利とムール貝の汐そば990円、浅蜊の浜めし(数量限定)200円、他。

IMG_9334

店内は、厨房を囲むL字型カウンター6席(3・3)。20:30頃到着で先客3、後客4で店内待ち発生。 

IMG_9383

厨房には店主さん、ワンオペ体制。注文が入ると器をゆで麺機の熱で加温、レンゲを湯煎、チャーシューをバーナーで炙ってと、1ロット2杯ずつの流れる様なオペレーション。レンゲを湯煎するのは初めて見たかも。 

IMG_9345

卓上メニュー立てにはこだわりの薀蓄。裏には店主さんのご挨拶と自己紹介。

IMG_9347

BGMはJ-POP、おいでシャンプーとか桜坂とか。箸は洗い場でエコ仕様。卓上調味料はミル入りミックスペッパー。

IMG_9355

そして待つことしばし、「煮干し醤油そば」完成で〜す♪ 

IMG_9358

屋号通り白黒柄でレンゲとセットの、受け皿付き切立丼で着丼。 

IMG_9372

具はバーナで炙った角煮、低温調理の豚チャーシュー、鶏チャーシュー、三つ葉、エディブルフラワー、ホースラデッシュ、海苔。デフォで実に具沢山で、見た目にも美しく、お得感もあって、特に炙り肉の旨さは絶品!

IMG_9368

スープはさらさらの清湯醤油味。卓上メニュー立ての蘊蓄によると、伊吹産の白口煮干・平子煮干・鯵煮干を合わせた煮干だけのスープに、カエシは丸大豆醤油の白口醤油を数種、淡路島産の自凝雫塩、瀬戸内産の花藻塩を合わせた「醤油かえし」を使用。煮干出汁がうま味たっぷりで、心地良い、妙なる、えも言われぬテイスト。うっとりする様な豊潤な深みとコクのある味わいで、とてつもなく美味しい! 

IMG_9381

麺は三河屋製麺のストレート中細タイプ。風味良く、なめらかさと適度なコシを兼ね備えた秀麺。スープとのコンビネーションも抜群に良く一杯としての完成度の高さが光ります。 

IMG_9377

実においしく大満足の汁完!「浅利とムール貝の汐そば」もすごく気になります。ごちそうさま!

麺処 しろくろ (413'19)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック