2019年11月22日大安、本日オープンの新店「Jikasei Mensho 渋谷パルコ店」へ。

IMG_7758

建て替えのため2016年から約3年閉店していた渋谷パルコが、本日フルリニューアルオープン。ラーメン店では我らが庄野さんのMENSHOと、今後3年間で100店舗の出店を目指すという㈱GMSの田中そば店が出店。庄野さんの陣中見舞いに。

IMG_7779

渋谷パルコのグルメショップは、B1に「CHAOS KITCHEN」、7Fに「RESTAURANT SEVEN」の2エリア。MenshoはB1で、同じゾーンにはうどんおにやんま、ジビエ・昆虫料理の米とサーカス、他。7Fには田中そば店、松尾ジンギスカンなど。

IMG_7773

Jikasei MenshoはMenshoグループの国内10店舗目。新店のコンセプトはWAGYU×RAMEN。 

IMG_7750

20:10頃到着、渋谷パルコは昼入場規制が敷かれた様ですが、この時間はすんなり入場。Menshoは店内満席外待ち1。帰る頃には外待ち10ほど。

IMG_7754

券売機は無く席のタッチパネルで注文、本来はセルフで取りに行く方式ですが、混雑のためかスタッフがサーブ。食後はセルフレジにて精算というシステム。

IMG_7666

主なメニューは、牛とろシビレ担担麺900円、霜降り和牛ラァ麺900円、汁なし牛とろシビレ担担麺900円、霜降り和牛ラァ麺900円、

IMG_7668

牛とろシビレ和牛増し担担麺1380円、汁なし牛とろシビレ和牛増し担担麺1380円、ヴィーガン担担麺860円、汁なしヴィーガン担担麺860円、和牛シウマイ350円、他。

IMG_7670

価格は税別表示。霜降り和牛ラァ麺は本日準備中。

IMG_7672

担担麺は、辛さを普通・辛さ増し・控えめから選択可能。

IMG_7673

こちらのウリは新開発の縦型丼。庄野さんがツイッター社のイベントでシェフを担当した際に大好評だった縦型の器を改良。哺乳瓶に使用されている安全な樹脂を使用。器の厚さにもこだわり、厚すぎると器を持った時手にラーメンの熱が感じられず、油断して口を火傷する危険も。そのため、手に軽く熱が感じられる厚みに調整。

IMG_7680

縦型にすることにより開口部が狭くなって、ワイングラスの様に香りが立ちやすく風味をより楽しむことが可能。また、間口が狭く深さがあるため、保温効果も抜群。片手で持って食べやすく、そのまま楽にスープが飲めるため、レンゲも不要。 
IMG_7684

店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター7席、2人卓x2、対面カウンターに見立てた6人卓x2の計23席。スタッフは厨房・ホールに男女合わせて10名ほど。庄野さんはホールで接客対応。

IMG_7687

BGMはDJ須永辰緒さんが音楽監修した環境ミュージック。

IMG_7692

箸は割り箸。卓上調味料は自家製山椒黒七味。

IMG_7689

そして待つことしばし、「牛とろシビレ担担麺」完成で〜す♪

IMG_7720

写真で見るとカップヌードルのカップっぽいですが、実物はむしろビアジョッキに近いサイズ感の、独創的な器で着丼。

IMG_7730

具は、牛肉細片、チンゲン菜、小海老、きざみねぎ、他。 

IMG_7726

スープは、無化調でぽてっととろみのある担々胡麻辣味。レンゲはなくワンハンドでそのままごくごく飲むイメージ。牛特有の少し甘みのある出汁に唐辛子の辛味と四川山椒の痺れ。全体をアーモンドミルクでまとめて、コクと深みを演出。辛さ増し指定ですが、個人的にほぼ無辛。辛さ・痺れともに穏やかですが、スープと具が激しく旨くて、まったく不足を感じません。まるでシチューの様な洋風テイストの担々スープですごく美味しい!

IMG_7735

麺はMENSHO自慢の自家製麺。かなり太くて縮れの強い麺ですが、ふんわりとゆで上げられていて、ぷりっとした食感が素晴らしい!ちょっと感動するくらい美味い麺で、凄いの一言!

IMG_7738

途中でぶどう山椒から作ったという自家製山椒黒七味を投入。香ばしく爽やかな香りが立ち上って、その芳しさにおお!ってなります。こちらも辛さ・痺れともに穏やかなので、香りを楽しむために是非オススメ。

IMG_7747

おいしく完食!汁なしも気になるし、「霜降り和牛ラァ麺」の登場が楽しみです。ごちそうさま!

Jikasei Mensho 渋谷パルコ店 (368/’19)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック