2019年11月16日、町屋の新店「油そば 極 本店」へ。

IMG_7468

2019年10月29日オープン。扉の中に仕舞われた感じのボードには、「仙台で30年続く秘伝のタレ!」の文字。六等星@稲田堤→SUPER RAMEN MAGIC@東中野の後こちらへ。

店の場所はメトロ町屋駅1番出口徒歩約1分。「本格韓国料理 情」のランチタイムに間借り営業。 

IMG_7426

「仙台で30年続く秘伝のタレ!」について聞いたところ、「仙台のお店の支店のようなものです」との回答。話はそれで終わった感じになって、仙台のどこのお店か聞けず。

IMG_7428

券売機は無く先会計制。間借りながら、完売機は手配中だそうです。

IMG_7429

主なメニューは、油そば(醤油)590円、油そば(煮干し)620円、油BLACK650円、他。

IMG_7432

「油そば(煮干し)」は、「油そば(醤油)」に魚粉(煮干粉)トッピングの模様。画像整理してて気づきましたが、メニューに「※ネギ・メンマ・チャーシュー入り※スープ付き」とありますが、スープの提供はありませんでした。

IMG_7436

店内はテーブル席と小上がりで広々。席多数ですが、ランチタイムは4人卓x2、小上がりに4人卓x2のみ開放。13:50頃到着で、先客3、後客1。厨房には店主さん、ワンオペ体制。

IMG_7445

BGMは地デジ放送。箸は割り箸。卓上調味料はすり胡麻、おろしニンニク、自家製辛味、酢、C&Aブラックペッパー、ラー油。お冷代わりの冷たい烏龍茶が濃くて美味しい!

IMG_7438

そして待つことしばし、「油BLACK」完成で~す♪

IMG_7451

「良くかき混ぜてお召し上がり下さい」のアナウンスと共に着丼。

IMG_7459

具はチャーシュー、メンマ、きざみ青ねぎ。

IMG_7453

「油BLACK」はたまり醤油ベースのタレ。丼の底にタレが沈んでいます。

IMG_7461

麺は太縮れタイプ。メニューには麺量100g~200gとあって、選べるのかメニューで麺量が違うのか不明。タレ・油はごくオーソドックスなタイプ。麺がちょっとびっくりするくらい固ゆでで、バリカタな油そばが楽しめます。固麺好きなら良さそうですが、個人的にはちょっともったいない感じ。

IMG_7463

おいしく完食!町屋には珍しい油そば専門店ですので、頑張って下さい。ごちそうさま!

油そば 極 本店 (364/’19)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック