2019年11月13日、浦和の新店「甲州屋 別邸」へ。

IMG_7138

2019年11月11日オープン。昭和22年創業の老舗「浦和 甲州屋」の担々麺に特化した2号店。昨日の汁なしに続き、2夜連続担々麺麺。

店の場所は、浦和駅西口徒歩約3分。コルソの裏手。とんかつとんくつの跡地。

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、白胡麻担々麺800円、黒胡麻担々麺830円(COMING SOON)、小麻婆丼250円、チャーシュー丼300円、他。

IMG_7095

食券を渡すと辛さを聞かれます。辛さは0~5で、4からハバネロパウダー入り。「標準は3ですが結構辛いため、初めての方には2をお勧めしてます」とのこと。

IMG_7097

店内は奥が厨房で手前が客席。席は壁に向かったカウンター5席、2人卓x5。20:50頃到着で先客5、後客1。 

IMG_7129

スタッフは厨房に男女各1、ホール担当の女子1、外に呼び込みの男性1、計4名体制。テッシュは壁カウンターでは壁フックに、テーブル席は食卓の側面に設置。

IMG_7104

BGMはさいたま市のコミュニティFM「REDS WAVE」。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料はラー油、花椒、酢。 

IMG_7102

そして待つことしばし、「白胡麻担々麺(3辛)完成で〜す♪

IMG_7110

4辛か5辛でも良かったのですが、ハバネロはフルーティな風味がラーメンにはあまり合わないと以前から感じていて、今回はハバネロ回避。

IMG_7118

具は肉味噌、ナッツ、干し海老、きざみ青白ねぎ。 

IMG_7115

スープは少しとろみを感じる鷄ベースの胡麻味。本店で使用している大山鳥のスープを使用とのことで、とろみは芝麻醤由来でしょうか。大山鳥らしさは正直分かりませんが、心なしか深みのある味わい。3辛では実際全然辛くないですが、辛痺は卓上調味料で増強可能。濃厚過ぎず重くも甘くもなく、ちょうど良い濃度。コクと深みのある味が実にいいです、美味しい!

IMG_7125

麺はストレート中細タイプ。細身ながらもちもちっとした食感で、気持ち柔めのゆで加減がまったりとした担々スープにとても良く合ってます。

IMG_7121

おいしく完食!準備中の黒胡麻担々麺の登場が楽しみです。ごちそうさま!

甲州屋 別邸 (358/'19)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック