2019年11月12日、幡ヶ谷の新店「揉合麺荘(ロウフゥメンソウ)」へ。

IMG_7065

2019年11月11日オープン。汁なし担々麺専門店で希須林の新業態店。先々月行った希須林出身の担々飯店@大手町のイメージがあって、独立店かと思って聞いたら希須林の直営店とのこと。そうとは知らずに旨そうなオーラに誘われて。

店の場所は、幡ヶ谷駅北口徒歩約1分。ガストの角の路地を入って行った先左手。

IMG_7057

外から中が良く見えるガラス張りの店内はオシャレで、汁なし担々麺の看板やのぼりもなく、一見何屋さんかまるで分かりません。 

IMG_7060

入店するとまず券売機で食券購入です。主なメニューは、汁なし担々麺930円、汁なし拝骨担々麺1180円、ルーロー飯280円、他。食券を買って先に向かおうとすると、温かいおしばりと紙エプロンが券売機の上にありますと声がかかって、いったん回れ右。

IMG_7067

コンクリート打ちっぱなしの店内は実にモダンで開放的な空間。席は厨房を囲む凹字型カウンター9席(4席・5席・1席)。どの席からでも調理の様子が良く見えるまさにオープンキッチン。20:50頃到着で先客3、後客1。厨房には男性スタッフ2名。質問にも快く応えていただきました。

IMG_7069

BGMはユーミン縛り。ありそうで無かったかもで。ブチ嬉しいw 丼の端にちょこんと乗っけられて出てくる箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は無し。 

IMG_7072

そして待つことしばし、「汁なし担々麺」完成で〜す♪ 

IMG_7074

縁にスプーンと箸を置く切り欠きの付いた特注の平皿で着丼。箸も器に置かれてきましたが、いつもの癖で取って撮影。

IMG_7086

具は炒め野菜のモヤシ・ニラ、肉そぼろ、赤玉ねぎの酢漬け、トルティーヤチップス、食べるラー油、桜海老。野菜はもちろん注文毎に中華鍋を振って都度調理。麺はストレート中太タイプ。一度ゆで上げて流水で滑りを取って、再度沸騰する湯に浸して加温。

IMG_7081

タレはあらかじめ麺に和えてあってそのままいただけます。辛さはほんのり程度、痺れは感じられず。自家製芝麻醤による濃厚な胡麻の風味と旨味がありますが、甘くなく軽快な味わい。酸味が結構効いていて、今までの汁なし担々麺とはまったく異なる調味。希須林の味や一般的な汁なし担々麺を想定すると、違いに驚きますが、ニュータイプの汁なし担々麺ですごく美味しい!

IMG_7089

麺と具をあらかた食べ終えると、器の底に「白いご飯もよく合います」との文言とショップマーク・ロゴが現れます。あまり綺麗くないので画像は割愛。

おいしく完食。揚げたて排骨トッピングの排骨汁なし担々麺も旨そうでした。ごちそうさま!

揉合麺荘 (357/'19)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック