2019年11月2日拝島の新店「中華そば ムタヒロ 拝島駅店」へ。

IMG_6261

2019年11月1日オープン。ワールドワイドに展開する「中華そばムタヒロ」の13号店。龍聖軒@鶴川の後こちらへ。

中華そばムタヒロは2011年9月19日オープン。牟田さんは凪・我武者羅で修行。②2012年9月22日鶏そばムタヒロオープン。③2013年6月27日まぜまぜムタヒロオープン。④2014年6月2日串あげムタヒロオープン。

⑤2015年1月9日中華そば ムタヒロ 大阪福島店オープン。⑥2015年8月30日味噌中華そば ムタヒロオープン。⑦2015年ムタヒロ韓国ソウル店オープン。⑧2016年7月30日肉中華そばムタヒロオープン。

IMG_6199

⑨2016年8月27日ムタヒロ大阪堺東店オープン。⑩2017年11月21日ラーメンブタヒロオープン。⑪2018年1月12日ムタヒロベトナムホーチミン店オープン。⑫2018年3月26日中華そばムタヒロ錦糸町店オープン。⑬2018年8月8日おでんムタヒロオープン。

なお、まぜまぜムタヒロは10月末で閉店、11月よりブタヒロと統合とのこと。

IMG_6211

店の場所は、西武線拝島駅の目の前。イタリアントマトとケンタの跡地にリニューアルしたケンタ、おにぎり権兵衛、ムタヒロがオープン。12:50頃到着で店内満席外待ち4に接続。店頭でムタさんがお客様をお出迎え・お見送り。ムタさん、おめでとうございます!ちょっと痩せたみたいですが、ムッチョからマッチョになるそうですw

IMG_6206

店頭開店祝花の量がハンパなく、気づいたところでは、吉祥寺武蔵家、ど・みそ、金色不如帰、我武者羅、せたが屋、くじら食堂、井の庄、酒麺亭潤、豚そばぎんや、じゃぐら、百麺、鳥の鶏次、麺屋政宗、棣鄂、麺家太威、宮本。

IMG_6218

入店すると、まずタッチパネル式券売機で食券購入です。主なメニューは、醤油鶏そば800円、塩鶏そば800円、醤油つけそば850円、他。なお、つけそばは11月18日から販売予定。

IMG_6256

券売機横カウンター端に新宿だるま製麺の木札。

IMG_6220

店内は厨房を囲むL字型カウンター12席(9席・3席)、壁に向かったカウンター4席x2、2人卓x3、4人卓x2、計32席。壁カウンターは計2席間引かれて、出入口付近にリザーブの椅子として配置されてました。

IMG_6222

スタッフは厨房に4、ホールにヒロさんと女性スタッフ1、外にムタさんのフォーメーション。箸は割り箸。卓上調味料はレモン酢、GABANグルメミル(黒粒胡椒)、一味唐辛子。

IMG_6229

そして待つことしばし、「塩鶏そば」完成で~す♪

IMG_6233

ムタヒロ各店ではだいたいいつも醤油なので今回は塩にしてみました。いつものムタヒロ同様赤・青・黄・緑の丼がランダムに登場。今回はグリーンで着丼。

IMG_6245

具は、豚チャーシュー、鶏チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、ひき肉。

IMG_6239

スープはさらさらの清湯塩味。鶏のふくよかなうま味と鶏油の香ばしさが見事な調和を奏でます。ひき肉がたっぷり入ってコクをガツンととブースト。ガハハ鶏そばもひき肉入りでしたが、それをさらにブラッシュアップした感じ。旨い鶏清湯のお店はたくさんあって、多くがキレッキレでシャープな方向性ですが、こちらのは優しく癒やし系の味わい。ポップでカラフルなイメージともピッタリですごく美味しい!

IMG_6253

麺は新宿だるま製麺製の平打ちストレート中細タイプ。全粒粉配合らしく褐色の点々が見られます。すべすべの麺肌でスルスルと啜りやすく、スープの乗りも良好。旨いなぁ~。

IMG_6248

おいしく完食!つけそばの登場が楽しみすぎます。ごちそうさま!

中華そば ムタヒロ 拝島駅店 (344/’19)