2019年9月22日、秋葉原の新店「JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ」へ。

IMG_3227

2019年9月14日オープン。千葉エリアの有名店まるはグループが満を辞して都内進出。日本近海の旬の魚、海鮮にこだわったラーメンを提供するお店。9/18 20:20頃訪れたら既に売り切れ閉店で、その時は上野の新店でリカバリ。実質20時頃売り切れ終了の模様。Miya De La Soul@入間市の後、1軒寄ってリベンジにこちらへ。

IMG_3233

店の場所は、仲御徒町駅1番出口徒歩約5分。末広町駅1番出口徒歩約7分、メトロ秋葉原駅1番出口徒歩約7分。蔵前橋通り沿い。

IMG_3296

ラーメンイエローと大喜の間で、道路挟んだ反対側。

IMG_3232

入店するとまず券売機で食券購入です、主なメニューは、真鯛らーめん(塩)880円、真鯛つけ麺(塩)900円、鯖だしらーめん(醤油)880円、〆ごはん120円、白いご飯120円、旬の海鮮漬け丼(小)350円、他。 

IMG_3250

券売機横の冷蔵ケースには限定で使用する金目鯛などが保冷されています。

IMG_3252

店内は厨房を囲むL字型カウンター12席(8席・4席)。14:50頃到着で、先客無し後客5。スタッフは男性4名。

IMG_3262

片隅にはカネジン食品からの開店祝樹。

IMG_3292

BGMはジャズ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、鯛用のGABANブラックペッパー、サバの用のGABANホワイトペッパー。 

IMG_3255

そして待つことしばし、「鯖だしらーめん(醤油)」完成で〜す♪ 

IMG_3270

黒い受け皿付き、ショップロゴ入りの桂林丼で着丼。 

IMG_3279

具はチャーシュー、西船平野農園直送の小松菜、きざみねぎ、鯖節たっぷり。 

IMG_3280

スープはさらさらの清湯醤油味。鯖だしラーメンは鮮魚を使っているわけではなく、九十九里産の鯖節を使用。このためサバの存在は分かりやすい訳ではなく、思いっきり和風寄りの節系ラーメンと言った味わい。サバは言われれば確かに風味がするレベル。溢れんばかりのサバ感を期待すると肩透かしですが、まとまりの良い節ラーメンでとても美味しい! 

IMG_3286

麺はカネジン食品製、緩やかにウェーブの付いた中太タイプ。ツルシコでスープとの絡みも上々、心地良い食感で自ずと箸が進みます。 

IMG_3285

おいしく完食!次回限定は9/25水スズキx金目鯛、9/28土のど黒x黒ムツxハタ、近日予定はクエとのことで、高級魚オンパレードの限定が気になります。ごちそうさま!

IMG_3247

JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ (296/'19)