2019年9月13日、両国の新店「江戸麺 熊八」へ。

IMG_2305

2019年9月8日、森下からの移転オープン。無化調、自家製麺のお店。

IMG_2322

店の場所は、JR両国駅東口徒歩約11分。京葉道路沿い。スタミナラーメン蔵の跡地。 

IMG_2303

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、醤油ラーメン750円、熊さん担担麺950円、八五郎醤油ラーメン950円、つけ麺850円、熊さんつけ麺1050円、他。

IMG_2326

夏季限定は冷やし中華800円。氷締めでバラ海苔一杯、ヘルシーな475kcal。

IMG_2309

店内は壁の向こうが厨房で、客席からは店主さんの様子が見えないレイアウト。

IMG_2313

席は厨房側に向かった真っ直ぐなカウンター10席(6席・間・4席)、窓側に向かったカウンター4席、2人卓x1、1人卓x1。

IMG_2317

20:30頃到着で先客3、後客1。スタッフは厨房に店主さん、ホール担当の女性は女将さん?2名体制。

IMG_2320

BGMは江戸落語。箸は割り箸と洗い箸のW装備。卓上調味料は遠くの方に電動ミル入り黒粒胡椒。

IMG_2329

そして待つことしばし、「熊さん担担麺」完成で~す♪

IMG_2333

移転前に醤油をいただいたので、今回は未食で一番人気というメニューをチョイス。

IMG_2344

具は肉味噌、水菜、味玉、白髪ねぎ、糸唐辛子。上からすりごまが一面に振りかけられています。 

IMG_2341

スープはどろっと濃厚な担々胡麻味。「ゴマと鶏のコクにあふれるとろっとろのスープ」とありますが、まさに言い得て妙のコクまろスープ。汁多めの汁なし担々麺っぽさが鮮烈なインパクト。濃厚なチキン胡麻ポタージュで、すごく美味しい!

IMG_2350

麺はほぼストレート極太タイプの自家製麺。担々麺をベースに、どろどろスープと極太麺で構成したスタイルは、あの小宮さんのごま麺鉢と棒のコンセプトとそっくり。ただし味はまったく異なりますが。固めにゆで上げられた強いコシのある剛麺が、濃密なゴマスープに絡んで破壊力抜群の味わいを演出。

IMG_2347

熊の手形!?の付いた味玉はほぼハードボイルド仕立て、箸休めに好適。

IMG_2355

おいしく完食!「鶏500%」という熊さんつけ麺も気になります。ごちそうさま! 

江戸麺 熊八 (282/’19)