2019年8月31日、布佐の新店「らーめん 元気」へ。

IMG_1607

2019年8月10日仏滅にオープン。店主さんはらーめん詩@蕨出身。評判良く気になってました。手打焔@新宿→まるとちび@池袋の後、一気にこちらへw

店の場所は布佐駅東口徒歩約10分。ナリタヤ食彩館の向かい。インド料理SHIKHAR→RISINGNEPALINDIANANDNEPALESERESTAURANT→OPAL CURRYと入れ替わった跡地。

IMG_1567

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、塩らーめん700円、魚介塩らーめん750円、味噌らーめん800円、魚介味噌らーめん850円、梅塩らーめん800円、他。

IMG_1574

限定はワンコイン塩らーめん500円(ワンコインボタン)、鶏白湯風ミルク塩らーめん700円(限定Aボタン)、旨辛魚介塩らーめん900円(限定Cボタン)。ノーマル塩らーめんとワンコイン塩らーめんの違いはトッピングかと思いきや、スープが別物だそうです。

IMG_1569

店内は厨房を囲むL字型カウンター8席(5席・3席)、4人卓x1。13:10頃到着で先客1後客なし。厨房には意外なほど若い店主さん、ワンオペ体制。

IMG_1575

BGMはラジオ。箸は割り箸。卓上調味料は胡椒、酢、柚子胡椒、ニンニク。

IMG_1580

そして待つことしばし、「塩らーめん」完成で~す♪

IMG_1583

汎用型の白い鳴門丼で着丼。

IMG_1593

具はチャーシュー、メンマ、茄子の素揚げ、豆苗、白髪ねぎ、糸唐辛子、海苔。

IMG_1590

スープはさらさらの清湯塩味。鶏ベースらしきうま味の載ったしっかりとした出汁が秀逸。シンプルですが輪郭のはっきりとした、淡麗かつコク深い元気が出てくるスープでとても美味しい!

IMG_1600

麺は浅草開化楼製のストレート中細タイプ。スープと麺が相互に引き立て合うようなコンビネーションの良さが光ります。

IMG_1598

トッピングでは茄子の素揚げが技ありの一品。塩味スープとの調和もお見事。スープは途中卓上の柚子胡椒を使うと旨さがさらに加速します。

おいしく完食!気軽に来れる距離ではありませんが、多彩なメニューのどれもが気になります。ごちそうさま!

らーめん 元気 (271/’19)