2019年7月27日、松戸の新店「麺屋 GONZO」へ。

IMG_8878

2019年7月6日オーブン。土日昼のみ初代GONZOの間借り営業。東京と千葉の百麺人が揃って大絶賛だったので、ちょっくらお手並み拝見w

店の場所は松戸駅東口徒歩約5分。雷松戸駅東口店の並びしばらく先。間借りの初代GONZOは2018年11月30日オープン。昼はタンメン専門店、夜は韓国料理中心の居酒屋。候補店リストにはエントリしてましたが未訪。

IMG_8873

定刻20分以上前到着で、店主さん外で呼び込み中。聞いたらもう大丈夫とのことで、一番海苔〜w

IMG_8842

券売機は無く伝票方式後会計制。 主なメニューは醤油800円、味噌900円、他。

IMG_8848

店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席(6席・2席)、間借り営業中小上がりは閉鎖。

IMG_8869

後客2。厨房にはデビュー当時のTOKIO太一にちょい似のイケメン店主さん、ワンオペ体制。

IMG_8870

BGMはJラップ。箸は割り箸。卓上調味料は無し。

IMG_8847

そして待つことしばし、「醤油」完成で~す♪

IMG_8849

白いシンプルな鳴門丼で着丼。店頭立て看板によると、煮干と貝のラーメンとあり、メニューには数種類の煮干しを温度と時間の徹底管理の中で炊き上げたとあります。お聞きすると、先週よりスープの炊き方を変えて、煮干しの大きさによって炊く時間を変えたそうです。それにより、以前にも増して出汁が良く出るようになったとのこと。

IMG_8860

具は低温調理の豚チャーシュー、豚チャーシューx2、ほうれん草、白髪ねぎ。

IMG_8854

スープはさらさらの清湯醤油味。確かに煮干しですが、まろやかで深みのあるうま味は貝由来かと。自然で深みとコクのある芳醇なうま味が膨らんで広がる、あっさりながら思わず惹きつけられるそんな味わい。前評判良くハードルアゲアゲで来ましたが、それを一蹴するレベルの高さ。直に行列店になること請け合いのクオリティで素晴らしく美味しい!

IMG_8868

麺はストレート中細麺。ツルシコで啜りやすく癖のないタイプ。絶品ニボシェルスープとの相性も良好です。

IMG_8864

おいしく完食!「味噌」もかなり期待出来そうです。ごちそうさま!

麺屋 GONZO (244/’19)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック