2019年7月11日、草加の新店「真鯛らーめん 麺屋鯛鯛」へ。

IMG_7812

2019年7月5日オープン。宇和島産鯛を使用した無化調鯛ラーメンのお店。本日オープンの下板橋の新店に向かうも、70人の行列というツイートを見てUターン。こちらが間に合いそうだったので向かってみました。

IMG_7819

店の場所は、草加駅西口徒歩約3分。飲食店以外で何度も店が入れ替わったテナントですが、最後はエクステ・特殊ヘア・マツエク専門店の跡地。

IMG_7865

同じビルの4Fにはタイマッサージの店が入っていて、一応「たい」つながりw

IMG_7862

入店すると、まず券売機で食券購入です。

IMG_7826

主なメニューは、真鯛白湯(醤油)750円、真鯛白湯(塩)750円、真鯛つけ麺(醤油)850円、真鯛つけ麺(塩)850円、真鯛油そば(醤油)730円、真鯛油そば(塩)730円、茶漬けセット200円、濃いめ50円、他。

IMG_7818

券売機下にはショップカード、髪結い用ゴムひも、紙エプロン。

IMG_7827

店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター5席、奥に逆L字型カウンター4席(2席・2席)。21時頃到着で先客無し後客3。 

IMG_7839

厨房には店主さんと女性スタッフ2名。店主さんが盛り付けで、女性のうち1名が麺上げ担当。

IMG_7831

カウンターに、「心をこめて丁寧な下処理をしていますが、鯛の焦げ身やワンタンに骨や鱗が混入してしまう場合があります」との掲示。

IMG_7828

BGMは無し。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は無し。

IMG_7835

そして待つことしばし、「真鯛白湯(醤油)」完成で~す♪

IMG_7841

「お待たせしました。下のお皿を持ってお取りください」のアナウンスと共に、カウンター上に着丼。

IMG_7849

具は、鶏ムネのほぐし肉、メンマ、鯛のすり身のワンタン、海苔の上に鯛の炙り身、カイワレ、白髪ねぎ。

IMG_7848

スープはさらさらの白湯醤油味。野菜すら不使用の鯛100%スープ。ごくあっさりながら分かりやすい直球の鯛出汁で、身体が喜びそうな素朴で自然な味わい。インパクトはありませんがホッとする優しい味ですごく美味しい!

IMG_7858

麺は三河屋製麺のストレート中細タイプ。パッツンではなくしっとりとゆで上げられていて、なめらかな食感。具では鶏のほぐし身に鯛の味が沁みて、鯛の身のスライスを食べてる感覚。鯛のほぐし身の炙りや、鯛のすり身のワンタンとトッピングも鯛づくしで、鯛を満喫できます。

IMG_7854

おいしく完食!真鯛つけ麺や真鯛油そばも気になります。ごちそうさま!

真鯛らーめん 麺屋鯛鯛 (227/’19)