2019年6月28日、秋葉原の新店「餃子の王将 Expressアトレ秋葉原店」へ。

IMG_6964

2019年6月27日リニューアルオープンした「アトレ秋葉原1」1Fに同日オープン。昨年創業50周年を迎えた餃子の王将の新業態店。昨日初日に向かうも、行列が長くてスルー。今日も回避ルートを用意してアクセス。

アトレ秋葉原1は2010年11月オープン以来初のゾーンフロアリニューアル。リニューアルのポイントは、食を中心としたショップの充実。新登場のショップは12店。

IMG_6969

猿田彦珈琲、エチオピア カリーキッチン、丸亀製麺、東京ミルクチーズ工場「Cow Cow Kitchen」、(和菓子)日本橋屋長兵衛、(パン)ドンクエディテ、寿司 魚がし日本一、

IMG_6970

(洋菓子)キャトル、(タルト専門店)ア・ラ・カンパーニュ、(ティラミス)シーキューブ、青山フラワーマーケット、そして餃子の王将Express。

IMG_6963

新業態店の特徴は、餃子の王将初の全席スタンディング、ここだけのオリジナル新メニュー、営業時間6:00~25:00で朝ラーから〆ラーまで対応。

IMG_6958

店の場所は、JR秋葉原駅電気街口徒歩約1分。総武線沿いビルのUDX側を進むとすぐ。21時頃到着で店内満席外待ち2に接続。昼の行列時は名簿に記名式。

IMG_6953

券売機は無くメニューを見て注文、伝票方式、食後レジにて後会計制。主なメニューは、かき揚げラーメン680円、餃子ラーメン580円、餃子の王将ラーメン500円、白醤油ラーメン640円、中華そば550円、ひと口餃子180円、他。

IMG_6909

表示価格は税別表記。かき揚げラーメン、餃子ラーメン、一口餃子がExpress限定メニュー。かき揚げラーメンは、味を醤油or白醤油or醤油豚骨から選択。 

IMG_6912

店内は厨房を囲む凹字型カウンター。立食のため座席はありませんが、カウンター内側に18番までナンバリング。スタッフは、その番号に合わせて誘導してました。後客いっぱい、帰る頃には10名以上の待ち行列。スタッフは厨房・ホールに男女合わせて8名。

IMG_6952

BGMはJ-POP。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、S&Bホワイトペッパー、揚げ物用塩、餃子のタレ、ラー油、酢。 

IMG_6905

そして待つことしばし、「かき揚げラーメン(白醤油)」完成で〜す♪ 

IMG_6927

まずはかき揚げが別皿で、少々遅れてラーメンが着丼。 

IMG_6919

かき揚げは、玉ねぎ・にんじん・しいたけ・きくらげ、メンマ。かき揚げの高さは約10センチとボリューム満点。サクサク感が楽しめるようにと別皿提供ですが、揚げたてでも熱々でもなく揚げ置き。それでもやはりサックサクで美味しい!揚げ物用塩はありますが、出来れば天つゆ、無理なら醤油があるといいかも。

IMG_6913

ラーメンの具はきざみ青ねぎ、柚子片。「かき揚げラーメン」は、麺がかけラーメンで別皿のかき揚げとのセット。

IMG_6924

スープはさらさらの清湯醤油味。沸騰寸前ってくらい熱々での提供。あっさりとした出汁に醤油と塩の中間の様な優しいカエシ。多めの香味油がコクを補強。ゆずの風味が華やかで爽やかに効いて、思ったよりしっかりとした味わい。素直に美味しい! 

IMG_6941

麺はストレート中細タイプ。明らかにゆで過ぎですが、むしろ好みだったりします。 

IMG_6937

途中かき揚げをトッピングしてかき揚げラーメンに。かき揚げの油と衣が溶け出して、スープがコッテリタイプに変化。ラーメンスープを吸ったかき揚げもまた旨くて、最後まで食べ飽きません。 

IMG_6949

おいしく完食!お隣さんがひとくち餃子をつまみながら餃子ラーメン実に旨そうに食べていて、次はそれと決めましたw ごちそうさま!

餃子の王将 Expressアトレ秋葉原店 (211/'19)