2019年5月29日、新宿の新店「楢(なら)製麺」へ。

IMG_5019

2019年5月6日オープン。近所にある人気店、うどん慎の2号店にして新業態店。同じ店に2日連続フラれた後、今日は近くでリカバリ。

IMG_5023

こちらんの店名は、うどん慎店主楢原慎司氏の苗字から。

IMG_5026

お店のコンセプトは、打ち立て、切りたて、無添加、化学調味料不使用、無塩・無かん水麺。

IMG_5030

かん水を使わないため、ラーメンと言い切れない独自の麺類、うどんの進化系とのこと。

IMG_5033

店の場所は新宿駅新南口徒歩約7分。居酒屋おつかれちゃん→海鮮丼たつ八と入れ替わった跡地。

IMG_5028

外開きの扉ですがその扉がとても重く、特に中から押す時がやたら重く、初めての時はちょっと戸惑います。 

IMG_5037

券売機は無くメニューブックを見て注文。食後自席で後会計制。

IMG_5039

主なメニューは、塩味750円、醤油750円、鶏白湯950円、特製塩1350円、特製醤油1350円、特製鶏白湯1550円、他。

IMG_5042

店内は、狭いですがシックでモダンで前衛的。北海道産の楢の1枚板のカウンター、真鍮製の照明ボックス、版築の塗り壁とのこと。

IMG_5044

入口入って右手が厨房で左手が客席スペース。厨房は棚で仕切られていて、調理の様子はほとんど見えません。

IMG_5048

席は凹字型カウンター8席(2席・4席・2席)。21:20頃到着で先客4後客1。

IMG_5050

厨房には店主さん?店長さん?カウンターの中に接客担当の女性。 

IMG_5053

BGMはニューウェーブ。箸は割り箸。箸とペーパーナプキン、ウエットティッシュは引き出しの中。

IMG_5064

卓上調味料はブッシュ式ミル入りブラックペッパー・ピンクソルト。 

IMG_5061

そして待つことしばし、「塩」完成で〜す♪

IMG_5065

美白のシンプルな玉丼で着丼。 

IMG_5079

具は鹿児島県産真竹の煮たけのこ、栃木県産白美人ねぎ。 

IMG_5082

スープはさらさらの清湯塩味。信玄鷄と大山鷄の身とガラの出汁に、羅臼昆布の出汁を合わせたWスープ。癖や雑味の無いごくあっさりとした淡麗スープ。ふくぼくを思い起こさせるような、シンプルながら深みのある滋味そのものといった味わい。少し甘みのある、胃の腑を清められるような清澄な味で凄く美味しい!

IMG_5092

麺はストレート中細タイプ。ゆめちから、春よ恋、きたほなみのブレンドによる自家製麺。無かん水ですが、食感はうどんには遠く、どちらかというと中華麺寄り。どこかざらつきのある質感は好みが分かれそう。 

IMG_5088

おいしく完食!醤油や鶏白湯も気になります。ごちそうさま!

楢製麺 (178/'19)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック