2019年5月11日、高座渋谷の新店「麺屋 江武里」へ。

IMG_3802

2019年5月6日浅草からの移転オープン。煮干蕎麦@横浜の後こちらへw

IMG_3759

麺屋 江武里は2014年4月23日浅草にオープン。店主さんは、麺屋 武蔵出身。移転のため4月14日昼の部で営業終了。そして新天地で再開。 

IMG_3763

店の場所は麺処52の跡地。住所「神奈川県大和市渋谷5-38-1」ですが、Google Map、iOSのマップ共にだいぶ離れた場所を指して、店の場所が分かりません。これでだいぶタイムロス。

IMG_3765

地番が振り替えられたらしく元は「神奈川県大和市福田1972−1」でした。旧地番でも検索できますが、GoogleMapなら店舗名を入力するとピンポイントで正確な地点を指してくれます。。

IMG_3761

店頭には開店祝花。釧路麺屋無双とカネジン食品からの花がありました。

IMG_3767

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、江戸醤油ら~麺750円、他。人手不足の為、しばらくは一種類のみ提供とのこと。

IMG_3770

店内は厨房を囲むL字型カウンター13席(10席・3席)。13:40頃到着で先客3、後客4。食券購入後席に向かうと、空いていても席番を指定されて「詰めて座って下さい」と案内されます。まあ、ワンオペだと大変ですからね。

IMG_3772

BGMはポップス。割り箸に見える箸立ての白っぽい箸は、洗い箸でエコ仕様。卓上調味料はGABANホワイトペッパー、遠くの方にミル入りミックスペッパー。

IMG_3775

そして待つことしばし、「江戸醤油ら~麺」完成で~す♪

IMG_3782

移転前の開店当初はロゴ入りの器でしたが、無地の白い器で、形状は以前と同じの多用丼で着丼。

IMG_3789

具は、チャーシュー、メンマ、水菜、海苔、笹切りねぎ。

IMG_3786

薀蓄によると、アサリ・蛤・日高昆布・かつお・ウルメイワシなどの10種類の海産物から摂った魚介スープで、「江戸の味」ヒゲタ醤油に「江戸の地酒」丸眞正宗をブレンドとのこと。あっさり淡麗ですが魚介オンリーとは思えないほど厚みとコクがあり力強さも感じられます。江戸の味と人情味が込められているようで、和敬清寂を感じる味わいで凄く美味しい!

IMG_3798

麺はカネジン食品製の強めに縮れのついた中太タイプ。もちもち食感で、スープの持ち上げ良好。スープと麺が双方を引き立てあってます。

IMG_3792

おいしく完食!COMING SOONのつけめんが楽しみです。ごちそうさま!

麺屋 江武里 (158/’19)