2018年11月10日、雑色の新店「中華そば つの井」へ。
IMG_9269 
2018年10月29日オープン。梅屋敷にあった金木犀が屋号を変えて移転リニューアルオープン。ゼンゼン@武蔵新城→たかじ@馬込の後こちらへw

店の場所は、雑色駅徒歩約1分。三佳庵の跡地。実は11月2日19:30過ぎに訪れていて、その時はスープ切れ終了でアウト。からの今回リベンジ。外観撮っていたら女将さんが出てきて、昼の部まさかのスープ切れ終了とか。聞いたら後1食なら大丈夫とのことでぎりセーフ。ほんとマジ危なかった(^_^;) 
IMG_9270 
入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、出汁香る醤油そば780円、貝出汁塩そば800円、他。開店記念として麺大盛無料サービス中。 
IMG_9274 
店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席(6席・2席)。13:45到着で先客6、後客2は断られてました。厨房には店主さんと女将さん、息の合った営業。 
IMG_9272 
BGMはFM J-WAVE。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は無し。 
IMG_9278 
そして待つことしばし、「貝出汁塩そば」完成で~す♪ 
IMG_9281
蛸唐草模様の反高台丼で着丼。漏斗型の小皿は貝の殻入れ。醤油味が2軒続いたのと、貝出汁に惹かれて塩で。大盛り無料でしたが並で。 
IMG_9289 
具は、殻付きのあさり、水菜、紫玉ねぎ、白髪ねぎ、柚子皮。 
IMG_9288
スープはさらさらの清湯塩味。注文毎に小型の寸胴から雪平鍋へ移して加熱するため丁寧な調理ゆえ、器からフレッシュな香りが立ち上ります。しじみ・アサリをベースに貝のエキスを抽出したという無化調スープは、まさにピュアな貝出汁で貝の旨味が存分に味わえます。ただ、塩ダレか見た目通り醤油味風の味わいで、塩味の貝スープを期待するとちょっと意外な感じも。まあとっても美味しいので無問題。 
IMG_9295 
羽田製麺製の麺はストレート中細タイプ。加水低めのサックリとした食感。啜りやすくスルスルと食べ進められます。 
IMG_9291 
おいしく完食!仕込み量が限られているためかスープ切れ早仕舞いが常態化してるようで、何気にハードル高めですが、醤油そばも是非試してみたくなりました。ごちそうさま! 

中華そば つの井 (387/’18)