2019年5月4日、新越谷の新店「自家製麺中華そば 番や」へ。

IMG_3301

2019年4月19日オープン。喜多方ラーメン専門店。昼2軒周った後、営業時間不明で3軒目に立ち寄ったら、10分前に閉店してましたw 営業時間が分かったので、夜の部開始後リベンジw

店主さんは大和ラーメン学校卒業生。元々ラーメン好きで食べ歩き歴多数。喜多方ラーメン店を始めたのはご自身が福島出身で、奥様が喜多方出身から。お店のレシピはラーメン学校で習ったことより食べ歩きで学んだ経験を元に、自分なりに工夫。

IMG_3303

イメージした味は、坂内・喜一ですが、そのどちらよりも、更にどこよりも上品にあっさりとアレンジ。背脂入りの「じとじと」について聞いたところ、今のところメニュー化の予定は無いとのこと。営業時間は喜多方並に、日~水は朝7:00から。

IMG_3348

店の場所は南越谷駅徒歩約2分。武蔵野線のガード潜って南越谷ゴールデン街抜けて、右手の路地入った先左手。へーちゃんラーメン跡地。

IMG_3298

入店前にまず店頭券売機で食券購入です。主なメニューは、中華そば780円、肉そば980円、大盛+100円、他。 

IMG_3309

店内は、奥まった厨房を遠巻きに囲むL字型カウンター8席(3席・5席)、2人卓x3。ただカウンター短辺側の端1席は花置き場になっていて使用不可。そこにあった開店祝花はありが10から。

IMG_3320

17:40頃到着で終始貸切状態。厨房には店主さん、ワンオペ体制。他にお客さんも居なくていろいろお話しが聞けましたが、その結果が上述の内容。

IMG_3316

喜多方ラーメンの話で盛り上がって、喜多方老麺会のマップを貰いました。

IMG_3351

BGMはテレビ放送。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は中華そばタレ、S&Bテーブルコショー。透明なタレでビックリですが、塩ダレで塩角を取るためと風味付けにわずかに醤油も入っているとのこと。

IMG_3314

そして待つことしばし、「中華そば」完成で~す♪ 

IMG_3325

受け皿付き、サイドが紅く内側の縁に双喜紋と龍のトラッドスタイルなラーメン丼で着丼。 

IMG_3336

具はチャーシュー、メンマ、麩、きざみ長ねぎ。 

IMG_3339

スープはさらさらの清湯塩味。豚骨清湯でごくあっさりとした仕立て。最初は薄くてやや物足りない感じもしますが、すぐに味に慣れていつしかじんわりと旨味が広がります。あっさりと上品に、ほのぼのと癒し系の味わいですごく美味しい! 

IMG_3346

自家製麺という麺は喜多方ラーメンらしい手揉み風の中太縮れタイプ。もっちもち食感でなんこしに喜多方の風が吹き抜けます。 

IMG_3341

おいしく完食!ラーメンの旨さもさることながら、ラーメン大好き店主さんでラーメン談義もものすごく楽しめます。ごちそうさま!

自家製麺中華そば 番や (150/'19)