2019年5月2日、雑色の新店「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」へ。
IMG_2937

2019年5月2日令和初日にオープン。店主さんは、やはり同日オープンのはら田@南浦和同様ほん田出身。景虎チームでマネージャーをされていたそうです。一燈グループ出身のIRUCA-Tokyo-とほん田出身の2軒、令和元日オープンの3店は外せませんw

店の場所は雑色駅徒歩約5分。雑色商店街を抜けてJRの踏切を抜けたところ。弁当あんじゅの跡地。15分前到着で先客2に接続。

IMG_2906

店頭開店祝花のラーメン関係は、煮干しつけ麺宮元、ののくら、にじゅうぶんのいちから。
定刻に店主さん自ら暖簾をかけてオーブン。開店時15名ほどの並び。

IMG_2910

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、宍道湖しじみ中華蕎麦(塩)800円、地鶏としじみの中華蕎麦〈醤油〉800円、他。 

IMG_2913

店内は、厨房を囲むL字型カウンター6席(4席・2席)。後客多数。席数が少ないだけに、行列時間は長そう。スタッフは厨房に店主さんと大女将さんでしょうか。調理はすべて店主さんが担当で、1ロット3杯ずつ丁寧な作業。

IMG_2912

ホールは女将さんらしき女性で計3名体制。厨房と奥の部屋の間には「蜆」と書かれた巨大な暖簾。BGMはJ-POP、口開けはゆず♪箸は割り箸。卓上調味料はGABANブラックペッパー。 

IMG_2916

そして待つことしばし、「宍道湖しじみ中華蕎麦(塩)」完成で〜す♪ 

IMG_2922

大きく花弁を開いた華の様な美麗な器で着丼。綺麗だけど、縁からスープを直接飲むのは向いてないんですよね〜。 

IMG_2928

具は、ピンクチャーシュー、メンマ、紫玉ねぎ、青ねぎ。

IMG_2926

スープはさらさらの清湯塩味。しじみラーメンもいろいろ食べましたが、大概網に入った殻付きしじみが入ってて、油感の希薄なお吸い物的一杯。それはそれで胃がホッとしますが、ラーメン的にはもう一捻り欲しいところ。こちらは無化調ながら出汁が分厚くパワフルで、ガツンとしじみインパクト。シェルラーも納得のパフォーマンスですごく美味しい!

IMG_2934

麺はストレート中細タイプ。パッツン過ぎないツルシコ麺は食べ易くするすると快適に啜れます。 

IMG_2931

おいしく完食!「地鶏としじみの中華蕎麦」も気になります。ごちそうさま!

宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀 (144/’19)