019年5月1日令和元年元日、本日オープンの新店「IRUCA-Tokyo-」へ。

IMG_2743

店主さんは、AFURI、凪、一燈を渡り歩いた歴戦の強者。以前新宿三丁目の間借りで、同じ屋号にてメキシカンなまぜそばを提供していたことも。令和1杯目はこちらでw

IMG_2728

店の場所は、東久留米駅西口徒歩約2分。スーパーヤマザキの裏。手打ちうどん一長→つけ麺屋と入れ替わった跡地。15分前到着でシャッター8名に接続。

IMG_2724

店頭開店祝花は一燈坂本さんから。 

IMG_2732

定刻9分前に店主さんが出てきてオープンのご挨拶。この日は凪のスタッフの方がヘルプで参戦とのこと。そのままありがたい早開け。

IMG_2737

ですが、直前でちょうど満席で、いきなり外待ちの先頭に。並び中の後客6。直後にはたれ耳さん(^_^)v

IMG_2730

順番になり案内されて店内へ。券売機はありますがこの日は稼働せず、後会計制。

IMG_2741

主なメニューは、柚子塩らぁ麺800円、醤油らぁ麺800円、他。 

IMG_2753

店内は厨房前に真っ直ぐなカウンター8席。厨房には店主さん。ワンロット1〜2杯ずつ丁寧な調理、本日はサポートの方がいらっしゃいますが、通常はワンオペでしょうか。

IMG_2749

卓上メニュー立て、メニューの裏にはこだわりの蘊蓄。塩と醤油の麺は本来違うそうですが、本日醤油の麺は間に合わなかったそうです。 

IMG_2756

BGMはJ-POP、Lemonがかかってテンションアップ♪箸は割り箸。卓上調味料は無し。 

IMG_2761

そして待つことしばし「柚子塩らぁ麺」完成で〜す♪ 

IMG_2765

湯煎というか、ぐつぐつ煮えたぎるゆで湯の中で文字通りゆでられた器で、「熱いので気をつけて下さい」のアナウンスと共に着丼。実際丼触ると激熱々でびっくり! 

IMG_2776

具は、真空低温調理のピンクチャーシュー、鶏チャーシュー、穂先メンマ、きざみ青ねぎ、柚子皮。 

IMG_2771

スープはさらさらの清湯塩味。店主出身地の名古屋をテーマに、名古屋コーチンの丸鶏、手羽先、大仙鶏(大山鶏?)のガラ等を使用。柚子塩って事で出身店のAFURI似かと思いきや、鶏出汁が分厚くて、清湯なのにエキスはド濃厚。コーチンと大山鶏の鶏油も強烈に香ばしく、原価が心配になるほど。潤沢な食材によるリッチな味わいですごく美味しい!

IMG_2787

三河屋製麺製の麺はストレート中細タイプ。テボでゆでて平ざるに上げての丁寧な湯きり。吸い付くようなしっとり感があって、スープの絡みが実に良好。スープも麺も旨くてぐんぐん進みます。 

IMG_2779

おいしく完食!醤油も気になります。ごちそうさま!

IRUCA-Tokyo- (141/'19)