2019年4月9日、中野の新店「鶏そば 煮干そば 花山」へ。

IMG_1141

2019年4月5日オープン。鈴蘭中野店からのリニューアル。某新店を探すも住所登録違いかまるで見つからず、リカバリにこちらへ。

IMG_1135

急成長を続ける鈴蘭・はやし田グループですが、運営は㈱INGS。系列店は俺の麺春道@新宿、煮干中華そば鈴蘭@新宿、らぁ麺はやし田@新宿、らぁ麺はやし田@池袋、らぁ麺鳳仙花@新宿・らぁ麺時は麺なり@経堂。

IMG_1136

そして今回、煮干中華そば鈴蘭@中野がリニューアル。

IMG_1081

店の場所は、中野駅南口徒歩約3分。二代目武道家竹麓輔らーめん創作工房中野大勝軒の先。

IMG_1085

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、鶏そば780円、(数量限定)濃厚煮干そば800円、つけ麺~濃厚昆布水添え~800円、季節の炊きこみご飯150円、他。 

IMG_1091

はやし田スタイルの鳥そばは若干食傷気味、昆布水つけ麺は時は麺なりで食べたし、煮干そばがあればと思ったけど、やっぱり売り切れ。ただ、これまではやし田、時は麺なりでは大山鶏使用でしたが、今回は薩摩シャモにスイッチ。ならばと鶏そばをチョイス。

IMG_1087

店内は厨房を囲むL字型カウンター10席(6席・通路・1席、3席)。20:30頃到着で先客7、後客8。スタッフは男性3名。 

IMG_1092

BGMはJ-POP。箸は割り箸。卓上調味料は無し。 

IMG_1128

そして待つことしばし、「鶏そば」完成で〜す♪ 

IMG_1108

系列店でお馴染み、釣鐘型の器で着丼。

IMG_1117

具は、チャーシュー、メンマ、きざみ青白ねぎ。 

IMG_1111

スープはさらさらの清湯醤油味。大山鶏によるはやし田の鶏そばとほぼ同じ味わい。薩摩シャモのこちらの方がやや上品で洗練された味わい。カエシも控えめで薄味。と思ったら後から味が濃くなってきて、タレが底に沈んでた感じ。後半の方がグッと印象が良くなって、味濃いめの方が力強くメリハリがあってパンチが効いていいかも。好みのシフトで美味しい! 

IMG_1125

麺は三河屋製麺のストレート細麺。全粒粉配合麺ですが、いつにも増して強い風味と粉っぽさ、ざくざく感を感じました。個性の強い麺ですが、こちらの鶏そばにはドンピシャにマッチ。旨いです。 

IMG_1120

おいしく完食!系列店では限定に縁がないので、久々に鈴蘭に行こうかな!?ごちそうさま!

鶏そば 煮干そば 花山 (114/'19)