2019年1月10日、馬喰町の新店「kingyo noodles」へ。
IMG_4192

2019年1月9日オープン。昨日の初日狙ってましたが22時まで仕事で会社に缶詰に。ってことで翌日リベンジw

IMG_4223

こちらは、坦々麺専門店 錦鯉@錦糸町の姉妹店にして、noodles trattoria金魚@小岩の移転。さらに、usaco noodles@新小岩の元店長復活店だそうです。なにやら複雑(^^;

IMG_4197

店の場所は馬喰町駅6番出口徒歩約1分、浅草橋駅西口歩約4分。靖国通り沿い。食堂酒場みやびの店舗の一部を改装して、エリアを分けて2店が営業するシェアショップ形態。

IMG_4205

店頭開店祝花は、村上朝日製麺所から。

IMG_4202

入店すると、「いらっしゃいませ、本日は居酒屋のご利用ですか、ラーメンのご利用ですか」と聞かれます。1階がkingyo noodles、2階が食堂酒場みやびのエリア。 
IMG_4231

券売機は無く前金制。主なメニューは、中華Soba潮780円、鷄煮干Soba900円、鷄鯏Soba950円、金魚担々麺880円、まぜ鯏Soba900円、汁なし担々麺880円、他。

IMG_4213

担々麺は辛さと痺れを4段階で指定可能。レベル3は+50円、レベル4は+100円。

IMG_4217

「担々麺」は錦鯉のメニューとほぼ同じ、「鷄鯏Soba」はusaco noodlesの「鶏・蜊そば」の復刻版だそうです。訪問時「中華Soba潮」と汁あり・なし担々麺のみ提供。残りのメニューは、1/15発売予定。

IMG_4237

1階kingyo noodlesエリアは厨房を囲むへの字型カウンター7席(2席・5席)。20:30頃到着で、終始貸切状態。厨房には店長さん、私はほぼ顔バレ(^_^;) 1・2階兼任の女性スタッフ、居酒屋担当のシェフもいらしたかな?kingyo noodlesとしては2名体制。

IMG_4195

BGMはニューウェーブ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は黒酢、胡椒。お冷は竹炭入り。グラスもusaco noodles時代と同じ。

IMG_4227

そして待つことしばし、「中華Soba潮」完成で~す♪

IMG_4251

usaco noodlesで「鯛出汁塩そば」を、金魚で「鶏nibo汐Soba」を、錦鯉で汁ありの「錦鯉坦々麺」をいただいたので先頭の未食メニューに。usaco noodles・金魚で使われていたのと同じタイプの、受皿付きの器で着丼。 

IMG_4253

具は、チャーシュー、レンコンの素揚げ、ベビーリーフ、小松菜、紫玉ねぎ。移転前の金魚のビジュアルをほぼ踏襲。

IMG_4246

スープはさらさらの清湯塩味。麺や具の量に対して、ちょっとだけスープ少なめ。香味油多めですがオイリー感はなく、スープと見事に一体化。蘊蓄によると、長崎のかたくら、宮城のさんま干しベースに、岩手の牡蠣と道産真昆布で仕上げたとのこと。清湯ですがボディの厚さを感じるしっかりとしたコクがあり、凄く美味しい!

IMG_4262

麺は、開店祝花より村上朝日製麺所製でしょうか。ストレート中細タイプで加水やや低め。啜りやすくサクッとした食感がいい感じ。

IMG_4258

おいしく完食!「汁なし担々麺」も気になります。ごちそうさま!

kingyo noodles (10/'19)