2019年1月5日、黄金町の「豚骨清湯・自家製麺 かつら」へ。

IMG_3992 

2018年9月25日オープン。11/13に向かうも店主腰痛による臨休で痛恨のフラれ。ようやく越年のリベンジw

IMG_3981 

店の場所は、黄金町駅徒歩約2分、阪東橋駅徒歩約6分、吉野町駅徒歩約9分。ナマステスパイス→金来→はりまやと入れ変わった跡地。

IMG_3909 

15分前到着で一番海苔〜w 外で待ってたら、「寒いでしょうから中で待って下さい、すぐ開けます」とスタッフさん。あらら、どうもすみませんm(__)m というわけで定刻9分前に入店。

IMG_3985 

券売機は無く後会計制。主なメニューは、拉麵750円、雲呑麺950円、他。

IMG_3925 

ランチタイムは拉麺と低温調理チャーシュー丼セット1000円。

IMG_3942 

夜はおつまみとドリングを堪能して、〆に拉麺がいただける麺酒場営業。

IMG_3938 

アルコールメニューが結構豊富でいろいろ楽しめそう。

IMG_3931 

インスタFBに画像・動画をアップすると、その場で100円引き。

IMG_3977

店内は、奥別室が厨房で手前が客席スペースな中華料理店的レイアウト。席は4人卓x4、2人卓x3。カウンターは無くテーブル席22席のみ。

IMG_3949

後客3。スタッフは厨房に店主さん、ホール担当はイケメンスタッフさん、2名体制。

IMG_3933

BGMはテレビ放送。箸は割り箸。卓上調味料は酢、辣油。醤油。お冷は備長炭水。

IMG_3943 

そして待つことしばし、「拉麺」完成で~す♪

IMG_3954 

箸置きに載ったレンゲ・割り箸、薬味とともにトレーに載って着丼。提供時薬味の説明がありました。

IMG_3967 

薬味は青唐辛子と生姜。青唐辛子は辛いので、後で少しづつお試し下さいとのこと。

IMG_3953 

具は、国産豚のチャーシュー、カイワレ、笹切りねぎ、きざみ青ねぎ、糸唐辛子。

IMG_3962 

スープはさらさらの清湯ほぼ塩味。薀蓄によると、国産豚骨を使用してコクのある清湯スープに仕上げたとのこと。鶏魚介不使用。豚骨清湯で真っ先に思い浮かぶのが東中野のかしわぎ。同店は掃湯という技法で白湯を清湯化している様ですが、こちらの調理法は不明。かしわぎもそうですが、清湯とは思えない分厚いコクと深みのある出汁で、ものすごく美味しい!

IMG_3976

麺はストレート切歯22番の細麺。店内で毎日麺を打つという自家製麺。北海道産小麦100%使用とのことで、確かに小麦のフレッシュな香りが立ち上ります。低加水麺ですがそこまでパツパツではなく、しっかりゆで上げられていて、むしろシコシコとしたコシが好食感。

IMG_3968 

具ではホロリと崩れるチャーシューが圧巻の旨さ!薬味のラー油漬け青唐辛子も刺激的でいい味変に。

おいしく完食!時折登場する限定麺も気になります。ごちそうさま! 

豚骨清湯・自家製麺 かつら (6/’19)