2018年12月25日、田町の新店「すごい煮干ラーメン凪 田町店」へ。

IMG_2876

2018年12月24日クリスマスイブにソフトオープン。池袋西口店以来約11ヶ月ぶりの国内新店。混雑覚悟でランチに向かってみますw

IMG_2889

店の場所は、田町駅東口徒歩約1分。ムスブ田町内なぎさテラス1F。ムスブ田町には、なぎさテラス2Fに日高屋、ステーションタワーSに広州市場がありますが、いよいよ真打ち登場! 
IMG_2883

12:20頃到着で店内満席。この時は時先に食券購入方式で、買った人の列6名、券売機列10名程。というわけでいったん入店して食券購入です。 
IMG_2887

主なメニューは、すごい煮干ラーメン830円、塩煮干ラーメン830円、辛味噌ラーメン930円、濃厚煮干ラーメン880円、うすい煮干ラーメン780円、煮干つけめん880円、BASE RAMEN1080円、ランチAセット1200円(ラーメン+ミニチャーハン+唐揚げorシュウマイ)、ランチBセット1100円(ラーメン+白めし+唐揚げorシュウマイ)、ランチCセット1000円(ラーメン+唐揚げorシュウマイ)、他。 
IMG_2820

「BASE RAMEN」は、ガイアの夜明けで紹介された「世界初の完全栄養ラーメン」。食品ベンチャーベースフードと凪がコラボして開発した新商品。ベースフードの雑穀麺に、専用にチューニングした凪のすごい煮干スープを合わせたもの。特徴は、1食で1日に必要な1/3の栄養摂取可能。味わいそのままにすごい煮干スープの減塩バージョン。糖質50%OFF麺、カロリー30%オフ。 
IMG_2821

なお、通常のラーメンは並盛・中盛・大盛同料金ですが、ベーラーメンは麺量の指定不可。現在ソフトオープン中で、辛味噌ラーメン、濃厚煮干ラーメン、ランチセットは未発売。ってか個人的には、ラーメン+ミニチャーハンのセットがあるといいのに。 
IMG_2882

店内は、厨房を囲むL字型カウンター13席(長辺5席・間・4席、短辺4席)、4人卓x3。後客いっぱい途切れぬ行列。後から入店はラーメンミュージシャン&ライター井手隊長!どーもwそしてスーパー幹事Dさん!ご無沙汰です! 
IMG_2837

Dさんに数えて貰ったスタッフは、厨房・ホールに男女合わせて6名。BGMはジャズ、箸は割り箸。卓上調味料は煮干酢。 
IMG_2836

そして待つことしばし「BASE RAMEN」完成で〜す♪ 
IMG_2846

田町店で初お披露目の新作丼「にぼちゃん丼」で着丼。 
IMG_2857

具は、チャーシュー、板海苔一枚、駒ねぎ、ぷち煮干し。チャーシューの上に辛味微量。 
IMG_2860

スープは、とろみのある濃厚な煮干し醤油味。通常のすごい煮干ラーメンと比べてカエシの量は3割減。醤油ダレ減量による旨味の低下を、煮干しの2度炊きでスープに厚みを持たせて補う戦略。通常のすごい煮干ラーメンと遜色ない味わい。ニボニボ度がいつにも増してハイアベイラビリティで不足感はありません。これは美味しい! 
IMG_2868

麺はベースフード自慢の雑穀麺。1食で必要な栄養素がすべて摂取できる「ベースパスタ」のアレンジバージョン。原料はチアシード・粉末昆布など。当初「ベースパスタ」の製法では熱いラーメンに入れるとブツブツ切れる問題が発生するも、チアシードを粉末にして大豆を添加するなどでラーメンの麺として使用可能に。独特の香ばしい風味の強い麺で、麺単体で美味。ただ、凪の自家製麺のほうが個人的には好み^^; 
IMG_2863

おいしく完食!今最も進化した「すごい煮干ラーメン」店、幾つもの新メニューが気になります。ごちそうさま! 
IMG_2874 

すごい煮干ラーメン凪 田町店 (450/’18)