2018年11月15日大安、本日オープンの新店「四川担担麺 阿吽 新宿御苑店」へ。
IMG_9734
湯島本店浅草北浦和に店舗を構える四川担担麺 阿吽の4店舗目。担々麺好きとしとは早めのアプローチw

IMG_9740 
阿吽ですが、2007年8月25日阿吽湯島本店オープン。2015年1月25日浅草店オープン。2016年4月8日北浦和店オープン。浅草店オープン時、既に創業店主は店を手放していた筈です。ちなみに、阿吽の創業者水本氏プロデュースにより2017年3月27日オープンしたごまだら@小川町は、既に閉店。 
IMG_9767 
店の場所は、新宿御苑前駅2番出口徒歩約4分。四谷三丁目駅2番出口徒歩約5分。四ツ谷四丁目交差点近くの新宿通り沿い。ビル的には麺やいなばの隣。交差点を挟んで京紫灯花繚乱と対角線上の斜向い。 
IMG_9764 
入店すると、まず券売機で食券購。主なメニューは、つゆ無し850円、黒つゆ無し850円、担担麺850円、黒担担麺850円、味噌担担麺900円(12月1日販売開始)、ラー油肉飯380円、他。券売機は日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語表記。 
IMG_9755
注文すると、系列店通りの作法で、辛さと痺れを別々に聞かれます。辛さ・痺れそれぞれは0〜5まで無料、6辛プラス100円。浅草店であった6辛は5辛経験者限定の記載は見当たらず。 
IMG_9757 
12月末まで、ツイッターインスタの公式アカウントフォローでトッピング1品サービスあり。 
IMG_9750 
店内は壁に向かったカウンター6席、可動式の2人卓x2、4人卓x1。20:50頃到着で、先客3、後客2。 
IMG_9744 
厨房は奥で、中の様子はほとんど見えず。それでも人影が見えたので、スタッフは厨房・ホールに男女合わせて5名。 
IMG_9758 
BGMはニューウェーブ。箸は割り箸。卓上調味料は、 酢、黒酢。 
IMG_9760 
そして待つことしばし、「担担麺(4辛・4痺)」完成で〜す♪ 
IMG_9770
阿吽ではほとんどつゆ無し5辛なので、たまには汁ありに。様子見でレベル4にしてみました。 
IMG_9781 
具は肉味噌、水菜。阿吽のつゆ無しはエビの存在感が顕著ですが、今回も海老がたっぷり入っていて風味・食感・味に寄与。 
IMG_9779
スープはさらりとした清湯で胡麻とラー油と唐辛子・花椒の饗宴。そして、たっぷり入った肉味噌が溶け出して、濃度が加速度的にアップ。海老風味も効果的に効いて、レベル4の辛痺も程よい刺激。自称「担担麺の最高峰」だそうですが、それは置いといても確かに凄く美味しい! 
IMG_9791 
麺はストレート中太タイプ。柔め好きの自分でもへぇ〜って思うくらいの麺柔らかめで、最初はちょっとビックリ。ですが、スープと具の絡みが抜群に良くて、これはこれで有りかと。ただ意図した仕上がりかどうか不明です。 
IMG_9785 
おいしく完食。12月発売の味噌担担麺が気になります。ごちそうさま! 

四川担担麺 阿吽 新宿御苑店 (403/'18)