2018年11月3日、神楽坂の新店「酒亭 かけそば かずまる田」へ。
IMG_8688
2018年10月29日オープン。早朝休日出勤後昼営業のみの店に向かうも、11時開店予定が12時に遅れると直前にツイがあって、2軒目予定が間に合わなくなるので急遽こちらへw

深夜のみ営業する中華そばまるたの姉妹店がかずまちゃんラーメンで、今回さらに別ブランド「かずまる田」がスタート。最初の1ヶ月は昼営業ですが、12月からは中華そばまるた同様夜営業予定とか。なので、11月中に来たかったんです。 
IMG_8685 
店の場所は、「中華そばまるた」と同じ「串焼てっ平」の昼の部の間借り営業。当初「かずまちゃんラーメン」と同じ「ちょい干てっ平」の昼の部の間借り営業でしたが、本日より移転!?11月は、月・火・水・土11:30~12:30LOと、不定期で日。かずまちゃんラーメンは金曜。詳細はツイッター確認。 
IMG_8703  
券売機は無く後会計制。メニューは、かけそば750円、(副菜)九条ねぎ150円、人参のきんぴら200円、青のり100円、茄子の揚げびたし350円、自家製ちりめん味噌山椒450円、真鯛の胡麻だれ和え550円、特選煮穴子1500円、(もう一品)おいなりさん一個150円。 
IMG_8690 
麺は塩味のかそけば一種類で、お好みで副菜を選ぶ方式。副菜は別皿での提供で量は少なめ。そのまま食べても良くトッピングしてもOKとのこと。「かけそば」を注文すると、柚子を入れてよいかどうか聞かれます。 
IMG_8709 
店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター8席(4席・4席)、4人卓x2(ランチタイムは不使用)。12:00頃到着で終始貸切状態。厨房には店主さん、かずまちゃんラーメンをやられていた方ですね。ワンオペ体制。 
IMG_8712 
BGMはJ-POP。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は無し。 
IMG_8711 
そして待つことしばし、「かけそば(ゆず入り)」&「人参のきんぴら」完成で~す♪ 
IMG_8717
かずまちゃんらーめん同様、どっしりとした白い八角丼で着丼。 
IMG_8728 
具はなく薬味の柚子皮のみ。柚子は徳島県産を使用。 
IMG_8724
スープはさらさらの清湯塩味。北海道産の利尻昆布と鹿児島県産の鰹節による魚介出汁で、動物性・塩・油不使用。塩分は出汁の旨味のみで、カエシを使わないいわゆるラーメンゼロ仕様。そして、近くにあってやはりかけそばで行列の絶えなかったふくぼく(現在六本木ヒルズに移転)にちょい似。すなわち、身体が喜ぶような自然な旨味と深いコク、味わいがあり、素晴らしいの一言。しみじみと沁みる味で本当に美味しい! 
IMG_8734 
麺はストレート中細タイプ。具のないネイキッドラーメンはある意味麺主役ですが、淡麗で端正な出汁を邪魔せず、それでいて油がないのにしっかりラーメンを食べた感を感じさせてくれます。何気に麺もいいですね。 
IMG_8729 
副菜に選んだ「人参のきんぴら」は北海道産アロマレッドを使用。とても甘いにんじんで、食材本来の持つ旨味を活かした薄味調味。すごく旨くてお試しのつもりで1品だけにしましたが、もう1~2品あっても良かったかなと。 
IMG_8721 
おいしく完食!深夜営業になると行きづらいと思いますので、11月中が狙い目です。ごちそうさま! 

酒亭 かけそば かずまる田 (377/’18)